コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタッフォードシャー県 スタッフォードシャーStaffordshire

翻訳|Staffordshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタッフォードシャー〔県〕
スタッフォードシャー
Staffordshire

イギリスイングランド中西部の県。県都スタッフォード。1974年の自治体再編により,南端部がウェストミッドランズ地域の一部として分離され,1997年にストークオントレントが単一自治体(ユニタリー unitary authority)となって分離した。ミッドランド地方北西部にある県で,トレント川の上流域を占め,同川が県中央部を南東に流れる。北部はペナイン山脈南端部の丘陵性山地を含み,その南西斜面に露出する夾炭層(きょうたんそう。→炭層)が北スタッフォードシャー炭田を形成。またトレント川の谷を挟んでその南に広がるカノックチェースと呼ばれるヒース地帯は南スタッフォードシャー炭田の一部をなす。炭田と鉄鉱床の採掘は 13世紀から行なわれていたが,本格的な開発が始まったのは 18世紀に入ってからで,それに伴って発展。18世紀には製陶が盛んとなり,特にジョサイア・ウェッジウッドがつくり出した陶磁器は世界的に有名となった。今日もこれらが主産業で,北スタッフォードシャー炭田地帯に広がる工業地帯はボタ山と大きな壺形の陶窯により独特な景観をみせている。しかし伝統的な陶窯はしだいにガス窯や電気窯に変わっており,また鉄鋼業は輸入鉄鉱石に依存している。東部のバートンアポントレントは古くからビール醸造で知られる。農業も重要な産業で,酪農を中心に,飼料作物の栽培や園芸農業が行なわれる。面積 2624km2。人口 81万6700(2005推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スタッフォードシャー県の関連キーワードプライス(Cedric Price)ニューカッスル・アポン・タインイーストスタッフォードシャーニューカッスルアンダーライムスタッフォード(イギリス)リッチフィールドタムワースキール大学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android