コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステルスマーケティング すてるすまーけてぃんぐ

3件 の用語解説(ステルスマーケティングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ステルスマーケティング

特定の商品の宣伝であることを、消費者に隠して行う宣伝、広報活動のこと。ステルス(stealth)には、「忍び、内密、人目を忍んだ」などといった意味がある。
商品を販売する側の関係者、または販売者から報酬を受け取ったものが、客を装い、商品をほめたり、買い物をしたりして、集客を促す「サクラ」と呼ばれる販売戦略が古くから存在するが、これもステルスマーケティングの一種と言える。
近年では、インターネットを利用したステルスマーケティングが横行している。例えば、ブログを開設している有名人に依頼して、ブログ訪問者には宣伝と気づかれないように、特定の商品を紹介してもらう、アクセス数の多い掲示板などの管理人に依頼して、特定の商品を絶賛してもらう、といった具合だ。
プロのライターに、特定の商品の良い評判を書いてもらい、一般人のものと見せかけたブログに投稿するといった手法もある。また、競合他社製品の悪い評価を投稿させるといったケースもあるようだ。
なお、特定の個人や団体の印象が良くなるように意図的に誇張して書かれたブログや記事のことを「ちょうちんブログ」や「ちょうちん記事」と呼ぶが、これらも、ステルスマーケティングの一例である。
2011年10月、消費者庁が、「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」を公表した。そこには、「商品・サービスを提供する事業者が、顧客を誘引する手段として、口コミサイト口コミ情報を自ら掲載し、又は第三者に依頼して掲載させ、当該『口コミ』情報が、当該事業者の商品・サービスの内容又は取引条件について、実際のもの又は競争事業者に係るものよりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認されるものである場合には、景品表示法上の不当表示として問題となる。」とある。
なお、ステルスマーケティングの略語である「ステマ」は、12年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語50語に選ばれた。

(横田一輝  ICTディレクター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ステルス‐マーケティング(stealth marketing)

《stealthは隠密の意》宣伝であることを隠した宣伝。例えば、記事の中に潜り込ませた広告、テレビドラマの中に特定の商品が繰り返し出てくる行為、記事に見せかけた広告、報酬を払って良い噂を流してもらう行為など。ステマ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステルスマーケティング
すてるすまーけてぃんぐ
stealth marketing

消費者に、商品広告だと気づかれないように宣伝をすること。ステルスとは英語で「隠密、こそこそしたやり方」の意味。露天商などが使った「さくら」や「やらせ」と同じ行為で、業者と通謀して客になりすました人が商品をほめるなどして、買い物客の購買心をそそる行為である。略称ステマ。アンダーカバーマーケティングundercover marketingともよばれる。
 一般的な雑誌でも一種のステルスマーケティングといえるような内容の記事があることは否定できないが、とくにインターネットの場合には、ブログが利用されることが目だっている。これは定期的に閲覧する多数の読者をもつアルファブロガーとよばれる人に、金銭や製品などを渡し、商品や店の情報をブログに掲載させるというものである。インターネットの場合、特定の商品を高く評価するだけでなく、競合商品や競争相手の企業の悪い印象を流布するという悪質なケースもみられる。
 アメリカでは連邦取引委員会が、「広告における推奨および証言の利用に関する指導」(Guides Concerning the Use of Endorsements and Testimonials in Advertising)を2009年に改訂した。消費者自らがインターネット上で直接行う宣伝行為に対し、一定の制限を加えたもので、製品やサービスを評価した消費者と広告関係者の間に特別な関係や金銭の授受があるときの開示を義務づけている。日本の消費者庁では、口コミサイトやブログで第三者になりすまし、消費者に誤解を与える投稿がなされるケースに対応し、「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」というガイドラインを2011年(平成23)10月に公表した。その後、2012年1月に、一般利用客の評価を採点によって示す口コミグルメサイト「食べログ」で、評価の順位を意図的に上げるランキング操作の事例があることが判明。飲食店から金銭を受け取り、その店の順位を上げる「やらせ業者(口コミ代行業者)」の存在が明らかになった。同庁は2012年5月、「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の一部を改訂し、口コミ代行業者を使い、一般消費者に誤解させる表示をすることを、問題となる事例として追加した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステルスマーケティングの関連キーワード非探索品逆宣伝配給輦の宣旨物流プリセリングパーチェイス・データプッシュ政策比較購買間接消費税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステルスマーケティングの関連情報