コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステルリタマク Sterlitamak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステルリタマク
Sterlitamak

ロシア西部,バシコルトスタン共和国の都市。共和国首都ウファの南約 120km,ステルリャ川がベーラヤ川に流入する地点にある河港都市。 18世紀に建設されたが,市の発展はロシア革命後で,ウラル地方の工業化とともに重要な地位を占めるようになった。特に第2次世界大戦後,ボルガ=ウラル油田の開発で急速に発展。現在,石油精製が行われるほか,機械 (石油工業用設備,建設機械) ,合成ゴム,ソーダ,セメント,皮革,製粉などの工場が立地する。教育大学がある。ウファと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 27万3432(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ステルリタマク

ロシア,ウラル山脈南部,バシコルトスタン共和国(旧バシキール自治共和国)の都市。化学,機械,食料品,皮革,木材加工などの工業が行われる。1766年塩をカマ川,ボルガ川へ運ぶための基地としてベラヤ川河岸に創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステルリタマク
すてるりたまく
Стерлитамак Sterlitamak

ロシア連邦中西部、バシコルトスタン共和国の都市。ステルリヤ川がベーラヤ川に合流する地点にある。人口26万3600(1999)。ボルガ・ウラル油田地帯の工業都市で、第二次世界大戦後、急速に発展した。主要工業は精油、合成ゴム、機械(ボール盤、石油工業用設備)、建設資材、皮革、食品工業である。市は18世紀中ごろにつくられ、長らくベーラヤ川を航行する船の貨物の積み換え地であった。教育大学がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ステルリタマクの関連キーワードタチアナ レベデワ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android