コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステルリタマク ステルリタマク Sterlitamak

3件 の用語解説(ステルリタマクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステルリタマク
ステルリタマク
Sterlitamak

ロシア西部,バシコルトスタン共和国の都市。共和国首都ウファの南約 120km,ステルリャ川がベーラヤ川に流入する地点にある河港都市。 18世紀に建設されたが,市の発展はロシア革命後で,ウラル地方の工業化とともに重要な地位を占めるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ステルリタマク

ロシア,ウラル山脈南部,バシコルトスタン共和国(旧バシキール自治共和国)の都市。化学,機械,食料品,皮革,木材加工などの工業が行われる。1766年塩をカマ川,ボルガ川へ運ぶための基地としてベラヤ川河岸に創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステルリタマク
すてるりたまく
Стерлитамак Sterlitamak

ロシア連邦中西部、バシコルトスタン共和国の都市。ステルリヤ川がベーラヤ川に合流する地点にある。人口26万3600(1999)。ボルガ・ウラル油田地帯の工業都市で、第二次世界大戦後、急速に発展した。主要工業は精油、合成ゴム、機械(ボール盤、石油工業用設備)、建設資材、皮革、食品工業である。市は18世紀中ごろにつくられ、長らくベーラヤ川を航行する船の貨物の積み換え地であった。教育大学がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステルリタマクの関連キーワードウファタタール語バシキール語ロシア連邦УфаウドムルトОктябрьскийСтерлитамакバシコルトスタンバシコルトスタン[共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone