ステレオスコープ(英語表記)stereoscope

翻訳|stereoscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステレオスコープ
stereoscope

立体鏡,実体鏡ともいう。多少の横ずれをもつ2枚の絵を左右の眼に別々に提示し,三次元的な立体感を生じさせる装置。プリズムや鏡により両眼の融合が生じやすいようにしてある。 (→奥行知覚 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ステレオスコープ(stereoscope)

ステレオカメラによって撮影された2枚の写真を立体的に見るための機器。実体鏡。立体鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ステレオスコープ

広義には,同じ対象をわずかに異なる視点から見て作った2枚の画または写真を,左右の目で別々に見ることによって立体感を得るようにした装置。同一紙面に二つの画像を重ね,両眼でそれらを別々に見分ける方法としては,画像を赤と青に塗り分け,赤・青のフィルターを通して一方を見えなくする方法,二つの画像を偏光面が90°異なる偏光で同じスクリーンに映し,それぞれその一方だけを通す偏光フィルターを通して見る方法などがある。狭義にはステレオカメラで撮影した2枚の写真(実体写真,立体写真)を左右の目で別々に見ることにより立体感を得る光学器械。実体鏡,立体鏡ともいう。凸レンズを通して写真を拡大して見るだけの簡単なもののほかに,鏡を用いるホイートストン型,プリズムを用いるブルースター型もある。写真測量や天体観測にも利用される。
→関連項目ステレオグラム立体印刷立体映画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ステレオスコープ【stereoscope】

ステレオカメラで撮影した二枚の写真が立体的に見えるようにした光学器械。立体鏡。実体鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステレオスコープの関連情報