コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストコフスキー Stokowski, Leopold Antoni Stanislaw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストコフスキー
Stokowski, Leopold Antoni Stanislaw

[生]1882.4.18. ロンドン
[没]1977.9.13. ハンプシャー,ネザーワロップ
イギリス生れのアメリカの指揮者ポーランド系の父とアイルランド系の母との間に生れ,オックスフォード大学を卒業後,ロンドン,パリで音楽を学び,オルガン奏者となった。 1905年に渡米後,オルガニストと合唱指揮者を経て交響楽団の指揮者となり,09~12年シンシナティ交響楽団,12~38年フィラデルフィア管弦楽団,44~45年ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団などの指揮者を歴任,バトンなしの特異な指揮ぶりで人気を博した。その間,1915年にアメリカに帰化し,映画『オーケストラの少女』 (1937) その他にも出演。 65年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ストコフスキー

米国の指揮者。ポーランド人の父とアイルランド人の母の間に生まれる。ロンドンに育ちオルガン奏者として出発。1905年渡米し,1915年に市民権を得る。シンシナティ交響楽団の指揮者を経て1912年―1938年フィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者を務め,同楽団を米国有数の管弦楽団に育成する一方,同楽団と映画《オーケストラの少女》《カーネギー・ホール》《ファンタジア》などに出演。
→関連項目オーマンディ管弦楽ミルスタイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストコフスキー【Leopold Stokowski】

1882‐1977
アメリカの指揮者。ポーランド人を父,アイルランド人を母としてロンドンに生まれ,クイーンズ・カレッジとパリ音楽院に学び,ロンドン,ニューヨークでオルガン奏者として活動。1909年指揮者に転向してシンシナティ交響楽団常任指揮者を経て,12年フィラデルフィア管弦楽団の指揮者に就任,38年までの在任中にこの楽団を世界的水準に引き上げた。以後は自由な立場で各地に客演指揮棒を持たない華麗な指揮で知られた。映画《オーケストラの少女》(1937),《ファンタジア》(1940)などに出演した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストコフスキー
すとこふすきー
Leopold Stokowski
(1882―1977)

イギリス出身のアメリカの指揮者。多数のレコードと映画『オーケストラの少女』『ファンタジア』を通じ、20世紀の前半、大衆にもっとも人気のある指揮者であった。生地ロンドンの王立音楽大学でオルガンを学び、オルガン奏者としてロンドンとニューヨークで活動ののち指揮に転じ、1909~12年シンシナティ交響楽団、12~36年フィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者を務め、後者をアメリカ有数の楽団に育て上げるとともに自身の名声を決定的にした。その後、全米青年交響楽団、アメリカ交響楽団を結成、55~60年はヒューストン交響楽団常任指揮者。来日したのは65年(昭和40)で、読売日本交響楽団と日本フィルハーモニーに客演、独自のオーケストラ配置で話題をよんだ。73年ロンドンに移って客演活動を続け、95歳で没した。ストコフスキーはオーケストラの豊かで多彩な響きを生涯追い求め、この面でオーケストラを革新するのに決定的な役割を果たした。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ストコフスキーの関連キーワードニューヨーク・フィルハーモニックマルチチャンネルオーディオアルトゥール ロジンスキウィリアム キンケイドユージン オーマンディクイーンズ・カレッジミシェル プラッソンジョン ラポータカーティス音楽院ミトロプーロスハンプシャーロジンスキーアントニオ近衛 秀麿4月18日シゲティ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android