コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレリチア 〈ラテン〉Strelitzia

百科事典マイペディアの解説

ストレリチア

ゴクラクチョウカとも。喜望峰原産のバショウ科多年草革質の長楕円形で柄の長い葉を根生。50cmほどの高さに伸びた花柄の先に,開花する。長さ約15cmの緑色で縁が赤く基部が紫色をした舟形の包の中から6〜8花が順次に咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストレリチア【Strelitzia】

バショウ科ゴクラクチョウカ属Strelitziaに属する多年草で,南アフリカに4~5種を特産する。葉は対生し,革質で,バショウの葉に似る。葉鞘(ようしよう)の間から花茎を伸ばし,その先に花がつくが,舟形の仏焰苞(ぶつえんほう)の上に白・橙黄色などの花が数花咲く。オオギバショウモドキS.alba (L.f.) H.C.Skeels(=S.augusta Thunb.)はケープタウン,ナタールの森林湿地に自生し,直立した茎を有し,高さは10mにもなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ストレリチア【Strelitzia】

バショウ科の多年草。南アフリカ原産。数種あるが、日本では多くゴクラクチョウカが温室で栽培される。葉は根生し長楕円形で革質。高さ1メートルほどの花茎を伸ばし、羽を広げた鳥を思わせる花をつける。仏炎苞は緑色、花は橙黄色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストレリチア
すとれりちあ
[学]Strelitzia

バショウ科の常緑多年草で、南アフリカに5種が自生する。代表種であるゴクラクチョウカ(極楽鳥花)bird-of-paradise flower/S. reginae Ait. var. reginae は高さ1~2メートルで茎は立たない。日本へは1872年(明治5)以前に導入された。現在は切り花として一般に普及している。葉は根生し、葉身は革質長形で、長い葉柄をもつ。花茎は葉と同長で直立し、先端に硬い多肉質で鳥のくちばし状の仏炎包をつける。全体で1花のようにみえるが、包内に6~8花がある。外花被(かひ)は橙黄(とうこう)色、内花被は青紫色の舌状で、雄しべと雌しべを包む。秋から冬にかけてよく花を開く。葉身のない棒状の変種であるジュンセアvar. juncea H. F. Mooreは切り葉として利用される。実生(みしょう)すると形態の変異が生じやすい。オウギバショウモドキS. alba Skeeisは、ルリゴクラクチョウカS. nicolai Regei et. Koern.と混同されやすい。どちらも茎が数メートルになる大形種であるが、前者は花序が単生し、仏炎苞は濃紫色、舌状弁の基部は矛形にならない。後者は花序が対(つい)をなし、苞は赤褐色で、舌状弁の基部が矛形になる。日本の栽培種は後者が多い。ストレリチアは多肉根で乾燥に強く、水やりを控えれば5℃で越冬する。実生で殖やすが、株分けもできる。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ストレリチアの関連キーワードオウギバショウモドキ温室植物仏炎苞温室花茎

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android