コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノードン山 スノードンさんSnowdon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノードン山
スノードンさん
Snowdon

イギリスウェールズ北西部,グウィネズ北西部にある山。スノードン山地の最高峰で,ウェールズとイングランドの最高峰。標高 1085m。主としてオルドビス系火山岩,粘板岩,ケイ質砂岩からなる。全体に著しい氷河作用を受け,U字谷カールなどの氷河地形が多数みられる。1896年北麓のランベリスから山頂まで登山鉄道が開通した。スノードン山地を中心とした一帯は 1951年スノードーニア国立公園(面積 2171km2)に指定され,登山者や観光客が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノードン山
すのーどんさん
Snowdon

イギリス、ウェールズ北西部にある山。カンブリア山脈北部、スノードン山塊の主峰で、高さ1085メートルに達するウェールズの最高峰。山塊は氷食を受けて圏谷に囲まれ、山麓(さんろく)のU字谷や圏谷底は湖となっている。1951年に国立公園の指定を受けた。蒸気機関車の引くミニ登山鉄道が山頂まで通じ、観光客の人気の的となっている。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スノードン山の関連キーワードカンブリア山地カーナーボンコンウィ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android