コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバンドリオ スバンドリオSubandrio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スバンドリオ
Subandrio

[生]1914. マラン
[没]2004.7.3. ジャカルタ
インドネシアの政治家。ジャカルタの医科大学卒業。学生時代より民族運動に従事し,第2次世界大戦中は反日地下運動で活躍。戦後,外交官となり,1956年外務次官。 1957~66年スカルノ政権下で外務大臣として活躍。 1962年副首相兼務。 1965年の九・三〇事件後スカルノ派として批判され死刑の宣告を受けたが,1970年4月終身刑に減刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スバンドリオ

インドネシアの政治家外交官スカルノの古い同志として抗日・独立運動に参加。すぐれた外交手腕を有し,駐英・駐ソ大使,副首相を歴任,1963年第1副首相兼外相となったが,九月三〇日事件により1966年逮捕,死刑を宣告された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スバンドリオ【Subandrio】

1914‐2004
インドネシア共和国の政治家。スカルノの反帝外交路線の推進者。東ジャワのクパンジェンに生まれ,ジャカルタ高等医専を卒業後,外交官となり,駐英大使を経て1957年以来閣僚(1957‐66年外相,1962‐66年副首相)の座につき,〈指導された民主主義〉の時代の外交政策を,〈ジャカルタ―プノンペン―ハノイ―北京―平壌枢軸〉と呼ばれる反帝外交路線として打ち出した。65年の九月三〇日事件後,事件に関与したかどで逮捕され,軍事特別法廷において死刑判決を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スバンドリオ
すばんどりお
Subandrio
(1915―2004)

インドネシアの政治家、外交官。東部ジャワ生まれ。1942年ジャカルタ医科大学卒業。1947年情報次官、1954年初代駐ソ大使を経て1957年外相。華僑(かきょう)二重国籍問題、西イリアン解放など反帝反植民地の非同盟外交を推進。1963年第一副首相、外相、中央情報局長官を兼務、急進的スカルノ体制の一中心人物となる。1965年の「九月三〇日事件」に連座したとして逮捕、1966年軍事特別法廷において死刑判決を受けたが、1970年終身刑に減刑された。1995年8月、独立50周年を機に「老齢と健康悪化」を配慮して30年ぶりに釈放された。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

スバンドリオ
Subandrio


1914 -
インドネシアの政治家。
元・第1副首相。
クパンジェン(東ジャワ)生まれ。
情報次官や初代駐ソ大使を経て、1957年外相となり、’63年第1副首相や外相、中央情報局長官を兼任し、スカルノ体制の中心的人物となる。’65年9月30日事件で逮捕され、’66年軍事特別法廷で死刑判決を受けるが、’70年終身刑に減刑される。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

スバンドリオの関連キーワードインドネシア賠償交渉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android