コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパイス活用法 すぱいすかつようほう

1件 の用語解説(スパイス活用法の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

すぱいすかつようほう【スパイス活用法】

《香りと色を楽しむのがじょうずなスパイスの生かし方》
 スパイスの語源は、ラテン語で「特別の種類」を意味する「SPECIES」。輸送の未発達だった時代のヨーロッパの人々にとって、東南アジアなどの熱帯地域を原産とするスパイスは、まさに特別な価値をもつ貴重品だったわけです。
 コロンブス新大陸発見、マゼラン世界一周などの偉業も、もとはスパイスさがしの旅からはじまったもの。スパイスは人間の歴史に大きな影響を与えた存在といえます。
 ところで、香辛料と訳されることもあって、スパイスには「辛い」イメージがつきものですが、多くのスパイスのうち、ほんとうに辛みをもったものは1割程度にすぎません。全体としてみれば酸味やにがみ、渋みなど、その持ち味はじつにさまざま。なかにはリコリスのように、強い甘みを特徴とするものもあります。
 ちなみに、アメリカにおけるスパイスの定義は以下のとおりです。
 「飲食物の風味付けをするために、副材料として用いる芳香性食物の一部で、嗜好的(しこうてき)な香り、辛み、色をもつものの総称」。つまり、辛みはあくまで1つの要素であり、香りはもちろん、鮮やかな色あいまで含めて、料理の味わいを増す働きをしてくれるのがスパイスなのです。
 日本は新鮮な素材が手に入りやすく、料理のあり方も、素材本来の持ち味を生かすことを重視してきました。そのため、個々のスパイスの風味を生かして、素材の味を引き立てる手法はあまり普及していません。しかし、スパイスのもつ多彩な香りや味を自在に操れば、料理の奥行きもグッと増すことでしょう。
 なお、スパイスもハーブ同様、保存のしかたが不適当だと、その香りは台無しになってしまいます。保存のしかたは、基本的にハーブと同じ。直射日光や高温を避け、フタをしっかり閉めて冷暗所に置いてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

スパイス活用法の関連キーワードスパイスシードスパイス仁者は山を楽しむダンスパーティー知者は水を楽しむ二重スパイスパイスドヘリング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone