コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スファックス スファックス Sfax

3件 の用語解説(スファックスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スファックス(Sfax)

チュニジア東部の港湾都市地中海ガベス湾の北端に位置する。同国第二の都市で、商工業、交通の中心地。古代より港町として知られ、フランス植民地時代は燐鉱石の積み出し港として栄えた。旧市街は9世紀中頃のアグラブ朝時代に築かれた城壁に囲まれている。スファクス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スファックス【Sfax】

チュニジア南部,地中海岸の港湾都市。アラビア語Ṣafāqis。人口23万1000(1994)でチュニスに次ぎ,南部商工業・交通の中心都市である。ガベス湾北側にあり,古くはフェニキアローマ帝国の,またイスラム時代に入っても港町・漁港として栄え,12世紀にはノルマン人の支配をうけた。フランス植民地時代ガフサ燐鉱山から鉄道が敷設され,燐鉱石,オリーブ油輸出港として発展した。化学肥料,搾油,食品,機械などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スファックス
すふぁっくす
Sfax

北アフリカ、チュニジア中東部、地中海沿岸にある港湾都市。人口23万0855(1994)。この国第二の都市で、南部の商工業、交通の中心地である。ガベス湾北岸に位置し古くから港町、漁港として栄えた。フランス植民地時代にガフサ燐(りん)鉱山から鉄道が敷かれ、燐鉱石、オリーブ油の輸出港として発展した。肥料、搾油、機械などの工業が立地する。メディナ地区(旧市街)を中心に港側に新市街、南北の鉄道沿いに工場地帯が形成されている。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スファックスの関連キーワードセートチュニジアチュニス地中海気候サナリーシュルメール突尼斯テュニジアアランヤジザンチュニジアの夜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スファックスの関連情報