スポンジケーキ(英語表記)sponge cake

翻訳|sponge cake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポンジケーキ
sponge cake

菓子一種起泡性を用いて軽くふくらませたケーキで,そのまま食べるほかデコレーションケーキの台や,ロール巻や小型洋菓子ベースにする。小麦粉1,卵 1.5,砂糖1~1.2の割合で混ぜ合せてオーブンで焼上げる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スポンジケーキ

洋生菓子の一種。卵をあわ立てた中に小麦粉,砂糖,香味料などを混ぜ入れて,天火でスポンジ(海綿)状に焼く。卵と小麦粉の割合で軽くも堅くもなる。カステラはその代表的なもので,巻いたロールケーキ,焼型に入れたカップケーキなどがある。またデコレーションケーキの台にされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

スポンジケーキ【sponge cake】

卵・砂糖・小麦粉などを主材料に、卵の起泡性を利用してスポンジのようにふんわりと軽く焼き上げたケーキ。ショートケーキ・ロールケーキなどの土台として使われることが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スポンジケーキ【sponge cake】

小麦粉・砂糖・卵を主材料としてスポンジ状に焼いた西洋風の菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スポンジ‐ケーキ

〘名〙 (sponge cake) 洋菓子の一種。小麦粉・鶏卵・砂糖を主な原料としてスポンジ状に焼いた菓子。デコレーションケーキやショートケーキの台などにも用いる。
※風俗画報‐二三九号(1901)茶菓「午後、シポンヂ、ケーキ(かすていらのごときもの)の類なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポンジケーキの関連情報