コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマトラサイ Didermocerus sumatrensis; Sumatran rhinoceros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマトラサイ
Didermocerus sumatrensis; Sumatran rhinoceros

奇蹄目サイ科。体長 2.6m,肩高 1.1~1.5m,体重 1tほどで,サイ類中最小種。頭部に2本の角があり,前方の角は基部が太くてがんじょうであるが,後方のものは左右の眼の間に位置し,前角より短い。皮膚には鎧 (よろい) 状のひだがあるが,インドサイほど明らかではない。乱獲されてその数が減少し,現在絶滅の危機にさらされており,国際保護動物に指定されている。東南アジアの,おもにスマトラ,ボルネオ両島の水辺密林にすんでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマトラサイ
すまとらさい
Sumatran rhinoceros
[学]Dicerorhinus sumatrensis

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科の動物。スマトラ島のほか、ボルネオ島、マレー半島、タイ、ミャンマーなどの密林にすむ。体高1.45メートルぐらいで、サイでは最小種。体表に短い剛毛が生えているのが特徴。樹葉が主食である。[祖谷勝紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスマトラサイの言及

【サイ(犀)】より

…皮膚は厚く,アジア産の種では鎧(よろい)のようなひだが発達する。毛はほとんどない(スマトラサイでは長毛がまばらに生える)。鼻の上または額の正中線に沿って1~2本の角をもつ。…

※「スマトラサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スマトラサイの関連キーワードブキットバリサンスランタン国立公園グーヌングリューサー国立公園グヌンルスル国立公園タマンヌガラ国立公園タビン野生動物保護区ケナガサイニカクサイボルネオ島サイ(犀)烏犀角

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android