スマトラ沖地震(読み)スマトラオキジシン

デジタル大辞泉の解説

スマトラおき‐じしん〔‐ヂシン〕【スマトラ沖地震】

2004年12月26日、インドネシアのスマトラ島北部西方沖で発生した大規模な地震。マグニチュードは9.1。大津波を引き起こし、インド洋沿岸諸国で約30万人の死者・行方不明者を出した。
2005年3月28日(日本時間では29日)、インドネシアのスマトラ島北部西方沖で発生したマグニチュード8.4の地震。2004年の地震の震源から南東に約250キロメートルの地点で発生した。震源に近いニアス島では、死者1000人以上にのぼった。
2007年9月12日、インドネシアのスマトラ島南部沖で発生した地震。インド洋の各地で津波が観測された。マグニチュード8.5。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スマトラ沖地震【スマトラおきじしん】

2004年12月26日,インドネシア,スマトラ島北端の西方沖で発生したマグニチュード(M)9.0の大地震。二つのプレート境界でのプレート間地震で,この地震により生じた最大30mを超える高さの津波(インド洋大津波)は,インドネシア,タイ,マレーシア,スリランカ,インド東沿岸からアフリカ東部にまで達した。死者・行方不明者は30万人を超えるともいわれ,世界の津波災害の中でも最悪のものとなった。M9.5のチリ地震よりはるかに多くの被害者がでたのは,海抜10m以下の場所で生活している住民が多いことと,津波に対する知識が少なく対策がほとんど施されていなかったことなどによる。休暇で訪れた観光客も多数巻き込まれ,日本人の犠牲者もでた。国連主導の支援策が講じられている。2011年3月,三陸沖を中心に起こった,この地震と同規模の大地震(マグニチュード9.0)と大津波による東日本大震災で,その後の地震の発生や,復旧のありかたなどが再び注目されている。
→関連項目インドネシアスマトラ[島]スリランカタイバンダ・アチェプーケット[島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スマトラ沖地震の関連情報