コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミッソン Smithson, James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミッソン
Smithson, James

[生]1765. フランス,パリ
[没]1829.6.27. イタリア,ジェノバ
イギリスの科学者。ノーサンバーランド公ヒュー・スミッソン・パーシーの庶子で,母はヘンリー7世の血統をひく。莫大な財産を母方から継承した。オックスフォード大学で化学と鉱物学を学び,H.キャベンディッシュらによって 22歳でロイヤル・ソサエティ会員に推挙された。生涯独身でヨーロッパの科学界の指導者的存在として,多くの発明,発見をしたが,その1つの菱亜鉛鉱は彼の名をとりスミソナイトと命名された。遺言によりアメリカ政府に遺産が寄贈され,首都ワシントン D.C.にスミソニアン・インスティテューションが設立された (1846) 。

スミッソン
Smithson, Robert

[生]1938.1.2. ニュージャージーパセーイク
[没]1973.7.20. テキサス,アマリロ
アメリカの美術家。アート・スチューデンツ・リーグで学ぶ。彼の作品は大きさが少しずつ異なる同形の立体を並べるもので,ミニマル・アートに属する仕事とされたが,1960年後半より石や砂を箱に詰める作品から発展して,グレートソルト湖の湖上に石と砂による渦巻を作るといったアースワークに転じた。新しいアースワークを空中から撮影中,墜落事故で死亡した。

スミッソン
Smythson, Robert

[生]1536頃
[没]1614. ノッティンガム
イギリスの建築家。16~17世紀に活躍した建築家一家の初代。エリザベス様式の代表者の一人で,作品としてはジョン・シン卿邸宅ロングリート(1568~80頃,共作),ウォラトン・ホール(1580~88)などがある。建築家ハンティントンならびにジョンは息子。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミッソン
すみっそん
Robert Smithson
(1938―1973)

アメリカの美術家。アースワーク(ランド・アート)を代表する一人。ニュー・ジャージー州に生まれる。少年のころから化石や鉱物、貝殻などを探して山や水辺を歩くのが好きだったという。1955~56年、ニューヨークの美術学校アート・スチューデンツ・リーグに通う。初めは絵画を制作しており、59年の初個展では絵画作品を発表した。50年代の末から60年代初頭のニューヨークといえば、フランク・ステラやドナルド・ジャドといったミニマル・アートの作家たちがデビューし始めた時期であり、スミッソンもそのサークルに加わる。60年代なかばから末にかけて単純な幾何形態にもとづく立体作品を発表。あきらかにミニマル・アートの影響下にある作品とはいえ、だんだん小さくなる相似形を繰り返し積み上げてゆくところには、鉱物や貝殻など自然界のものがもつ秩序に対するスミッソンの関心も見て取れる。
 その後68年ごろから積極的に野外で制作するようになる。12枚の正方形の鏡を、藪の中、砂利の中に埋めるなどさまざまな状況に置き、それを写真に撮る『鏡への入射:ユカタンの旅』や、鉱山の崖の上からダンプいっぱいに積んだアスファルトを垂れ流す『アスファルトの落下』(ともに1969)など、「アースワーク」の作品の制作が始まる。これらは、ありのままの自然の美しさを作品にするというよりは、自然の中にもち込まれた鏡やアスファルトのような「異物」が、自然の抗(あらが)いがたい力によって飲み込まれてゆこうとする様子をとらえた作品ということができる。スミッソンは自然のそうした作用に強く惹かれており、この作用を「エントロピーの増大」と呼んで賛美した。
 スミッソンはまた制作と並行して、自作の解説だけでなく当時の芸術の状況に関する批評など、多数の文章を執筆してもいる。また68年にニューヨークの画廊で、「アースワークス」と題した展覧会を企画をしたのはほかならぬスミッソンである。この展覧会タイトルはあるSF小説のタイトルからとられており、それは土さえもが貴重な商品としてやりとりされる、近未来社会の悲惨を描いたものだった。
 スミッソンのアースワークに対する考え方で重要なのは、「サイト」(場)と「ノン・サイト」(非―場)の対概念である。スミッソンは、屋外での作品を「サイト」の作品とする一方、砂や鏡で構成された美術館やギャラリーでの作品を「ノン・サイト」の作品とした。美術館やギャラリーは本来自分の芸術のあるべき「場」ではないというかのようだが、スミッソンの真意は、「サイト」と「ノン・サイト」という二つの「場」を衝突させ、結果としてそのどちらでもない、芸術のための第三の「場」(の概念)を構築することにあった。そうした考え方は、『ノン・サイト』と題されたいくつかの作品(1968ほか)が、ある場所からもってきた石などの素材とその場所の写真を、それぞれ床と壁に対比的に置いたものであることからもわかる。
 70年には代表作『螺旋(らせん)形の突堤』が完成。ユタ州グレート・ソルト・レークの湖岸に岩石などでつくられた全長450メートルにもおよぶ巨大な螺旋は、同時代のアースワークの記念碑的な作例ともなった。だが73年、自作『アマリロ・ランプ』(1973、テキサス州)を空撮中に搭乗していた飛行機が墜落、あとには数多くの未完のプロジェクトが遺された。[林 卓行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スミッソンの関連キーワードグレアム(Dan Graham)ディア・アート・センターオックスフォード大学ノーサンバーランド公スミッソン(夫妻)スミソニアン協会マッタ・クラークアメリカ美術ベルリオーズ幻想交響曲環境芸術ヘンリーチームⅩチームX鉱物学会田誠庶子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android