スライ ストーン(英語表記)Sly Stone

現代外国人名録2012の解説

スライ ストーン
Sly Stone


専門
ミュージシャン

本名
Sylvester〉 シルベスター〈Stewart スチュアート

グループ名
グループ名=スライ&ザ・ファミリー・ストーン〈Sly&The Family Stone〉

生年月日
1944/3/15

出身地
米国 テキサス州ダラス

経歴
4歳の頃から弟や妹と教会でゴスペルを歌いはじめる。1950年代に一家をあげてサンフランシスコに移住し、高校時代にはバンドを組み、大学では楽理やトランペットを学んだ。大学卒業後はソロ歌手として活動する一方、地元のラジオ局でDJを務め、’64年以降はオータムレコードのプロデューサーとして活躍。やがてスライ・ストーンの芸名を名のり、’66年シンシア・ロビンソンや弟のフレディ、妹のローズらとファンクバンドのスライ&ザ・ファミリー・ストーンを結成。ボーカルやキーボードの他、大半のソングライティングも手掛ける。同年発表のデビューシングル「アイ・エイント・ガット・ノーボディ」が認められ、大手のエピックレコードと契約し、’67年初のアルバム「新しい世界」をリリース。’68年シングル「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」のヒットに続いて、同年の「エヴリデイ・ピープル」が全米1位に輝き、ドゥーワップの影響を受けたボーカル・アンサンブルと、ファンクを先取りしたビートで一躍注目を集める存在となった。’69年伝説となったウッドストック・フェスティバルに出演。同年発表の4枚目のアルバム「スタンド!」は300万枚の売上げを記録する大ヒット作となった。’71年のアルバム「暴動」も全米初登場1位を獲得するなど高い評価を受け、バンドの代表作となったが、以降は薬物中毒による奇行などが祟って精彩を欠き、’75年活動中止を発表。同年スライ・ストーン名義でアルバム「ハイ・オン・ユー」を発表してからはソロ活動に移行し、「スライ・バック!!」などのアルバムを出すが、以前ほどの評価は得られず、徐々に隠遁生活を送るようになった。その後、薬物中毒を克服し、2005年妹のヴェットらによるファミリー・ストーン・トリビュート・バンドに客演して久々に表舞台に登場。2006年エアロスミスのスティーブン・タイラーらが参加したスライ&ザ・ファミリー・ストーンのトリビュート・アルバム「Different Strokes By Different Folks」がグラミー賞にノミネートされたことで再評価の機運が高まり、同賞の授賞式にも姿を見せた。2007年スライ&ザ・ファミリー・ストーンを再結成し、2008年初の来日公演を行った。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android