スレイマン[1世](読み)スレイマン

百科事典マイペディアの解説

スレイマン[1世]【スレイマン】

オスマン帝国第10代のスルタン。父セリム1世の跡を継ぎ1520年即位。46年間の治世は帝国の最盛期であった。内政面では封建制度・教育制度・法制を確立し,正規軍を増強し,文運の隆盛を招いた。外交面では,1521年のベオグラード,1522年のロードス島攻略に始まる13回の遠征を行い,とくに1529年のウィーン包囲はヨーロッパ世界を震撼させた。16世紀中期のヨーロッパ政局に大きな発言力をもった。
→関連項目フェルディナント[1世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スレイマン[1世]【Süleyman I】

1494‐1566
オスマン帝国第10代のスルタン。立法者(カーヌーニー)とも呼ばれる。在位1520‐66年。彼の時代に帝国は最盛期を謳歌し,その領土はアジア,アフリカ,ヨーロッパ3大陸にまたがり,東地中海一帯を覆う大帝国となった。在位中,13回の親征を行ったが,とりわけ1529年のウィーン包囲攻撃はヨーロッパ諸国の心胆を寒からしめた。ロードス島のヨハネ騎士団を放逐して地中海の制海権を掌握し,インド洋ではポルトガル覇権を争った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスレイマン[1世]の言及

【スレイマン1世のモスク】より

…建築家シナンハギア・ソフィアをモデルとして1550‐57年に建立。スレイマン1世の墓,マドラサ,施療,給食,浴場,宿泊等の教育・福祉施設とともに,オスマン・トルコ特有の複合建築群キュッリエkülliye(イマーレトimāret)を構成している。高さ53mに及ぶ礼拝堂中央の大ドームとその周囲に架けられた小ドーム,半ドームが迫り上るように上昇感を誘い,さらに,これに呼応するかのように中庭の四隅には,天を指す細くとがったミナレットが4基配置されている。…

【モハーチの戦】より

…1521年にベオグラードを陥落させてドナウ・サバ川以南を平定したスレイマン1世のオスマン帝国軍が,ドナウ川を越えて26年にモハーチMohácsでハンガリー軍を破った戦い。おりからハンガリー国内では,ポーランド出身の若いラヨシュ2世が貴族の掌握に苦労し,カトリックとルター派の対立が激化,1514年のドージャの乱後の貴族による農民抑圧が進行し,野心的貴族サポヤイが王権を狙って,国内の統一が失われていた。…

※「スレイマン[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android