コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレンバン スレンバン Seremban

3件 の用語解説(スレンバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スレンバン
スレンバン
Seremban

マレーシア,マレー半島南西部,ヌグリスンビラン州の州都。 1840年代にスズの鉱山集落として設立されたが,鉱山は衰微し,いまではゴム栽培地帯の中心都市。マラヤ鉄道西岸線が通り,外港ポートディクソンへの支線が分岐する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スレンバン(Seremban)

マレーシア、マレー半島南西部の都市。ヌグリスンビラン州の州都。クアラルンプールの南約60キロメートルに位置する。母系社会で知られるミナンカバウ人が、15~16世紀にスマトラ島西部から移住。彼らが伝統的な様式で建てた住居が見られる。1870年代に錫(すず)鉱山の発見で発展した。セレンバン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スレンバン【Seremban】

マレーシア,クアラ・ルンプルの南東約65kmにあるヌグリ・スンビラン州の州都。人口18万3000(1991)。スズ鉱の開発で成立し,ゴム園の発展によってマラヤ鉄道の一要所になった町。住民の60%は華人で,福建系と広東系が多い。華語地名で芙蓉と呼ばれるのは,町の東側を取り巻く山が芙蓉の花に似ているため。草の編物の土着工業で知られていたが,近年,高速道路の開通に伴い新しい工業団地が郊外に生まれた。【太田 勇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スレンバンの関連キーワードクアラルンプールクランマレーシアセパンクアラルンプールタワーマレーシア森林研究所クアラルンプールのチャイナタウンクアラルンプールのバタフライパーククアラルンプールのバードパーククアラ・ルンプル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone