コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スースロフ Suslov, Mikhail Andreevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スースロフ
Suslov, Mikhail Andreevich

[生]1902.11.21. サラトフ,シャホウスコエ
[没]1982.1.25. モスクワ
ソ連の政治家。 1921年共産党に入党。モスクワ労働者学校,プレハーノフ国民経済大学,赤色教授大学で学んだのち,党中央統制委員会で働き,37年ロストフ州党委員会書記として粛清に加担。 46年党中央委員会宣伝部長,『プラウダ』紙編集主幹としてイデオロギー面の指導を担当,コミンフォルムのチトー批判,ハンガリー事件の処理,中ソ論争の展開などに活躍した。 47年党中央委員会書記,55~66年同幹部会員。 66年政治局員兼書記に就任。のちにソ連最高会議連邦会議外交委員長。歴代書記長人事に穏然たる権力を振い,キングメーカーといわれた。 68年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スースロフ【Mikhail Andreevich Suslov】

1902‐82
フルシチョフ,ブレジネフ時代のソ連邦共産党の指導的理論家で,党活動と国際共産主義運動を指導した。ロシア共和国西部ウリヤノフスク州の農村に生まれ,1921年入党。28年モスクワのプレハーノフ国民経済大学卒業。31年より党中央統制委員会に所属し,いわゆるトロツキーブハーリン,ジノビエフ派の粛清に腕をふるう。37年以後ロストフ州党書記など地方党幹部を歴任したのち,47年党中央委員会書記。48‐49年のユーゴスラビアのチトー制裁のためのコミンフォルム会議を指導。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スースロフ
すーすろふ
Михаил Андреевич Суслов Mihail Andreevich Suslov
(1902―1982)

ソ連の政治家。11月21日サラトフ県(ロシア連邦ウリヤノフスク州)の貧農の家に生まれる。1921年に入党。1928年にモスクワ国民経済大学を卒業後、1931年から党機関の専従活動家。1947年に党中央委員会書記になって以来、1982年1月25日に死去するまで、ずっとその地位を維持。1952年10月~1953年3月と1955年7月以降、党中央委幹部会員・政治局員。一時、党機関紙『プラウダ』編集長を兼任。1954年以降ソ連最高会議連邦会議外交委員長。イデオロギー問題の専門家で、1963年の中ソ共産党会談で小平(とうしょうへい)総書記と論争、1968年(昭和43)に来日し、断絶状態にあった日本共産党との関係の調整にあたった。遺体はモスクワの赤の広場に葬られた。[中西 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スースロフの関連キーワードキリレンコマルクス書記局

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スースロフの関連情報