コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セコンディタコラディ Sekondi-Takoradi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セコンディタコラディ
Sekondi-Takoradi

ガーナ南西部,ギニア湾にのぞむ港湾都市。ウェスタン州の州都。アクラ西南西約 180kmに位置。 1963年セコンディとタコラディが合併して成立。セコンディはかつて奴隷貿易の基地としてオランダ,イギリスなどが争奪,17世紀には両国の要塞が築かれた。 1901年クマシと鉄道で結ばれ,イギリスの植民地経営の一拠点となった。タコラディは 28年に完成した深水港として発展,新旧の建物が混在するセコンディに対し,近代的に計画され,行政庁,商業ビル,大商店が並ぶ。同国第2の港で,カカオ,木材などを輸出するほかマンガン,ボーキサイト,石油の専用埠頭をもつ。製材,たばこ,漁船などの軽工業がある。鉄道でアクラ,クマシと結ばれ,国内空港もある。人口 10万 3653 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セコンディ‐タコラディ(Sekondi-Takoradi)

ガーナ南西部の港湾都市。ギニア湾に面する。ウェスタン州の州都。セコンディとタコラディという2地区からなる。17世紀に交易拠点としてオランダのオレンジ城と英国のセコンディ城が建造されたことに起源し、金・鉱産物・木材の積出港として発展。膨大な埋蔵量の海底油田が発見され、2010年より採掘が始まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セコンディタコラディの関連キーワードスリーポインツ岬プレステアタルクワアクシムベナン湾エルミナアワソンスタオダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android