コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリアック症候群 セリアックしょうこうぐんceliac syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリアック症候群
セリアックしょうこうぐん
celiac syndrome

小児脂肪便症ともいう。セリアックは「腸腔の」の意。栄養障害,悪臭のある大量の脂肪便,腹部膨満,2次性ビタミン欠乏症を四大主徴とする小児の疾患。患者は発育が遅れ,体重が増加せず,皮膚は蒼白で,筋肉は弛緩して,典型的な吸収不良症候群の症状を呈する。脂肪便の真の原因は不明で,慢性に経過する。蛋白質に富む食物,新鮮な野菜,果物などを与え,ビタミンA,Dの補給を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セリアックしょうこうぐん【セリアック症候群 celiac syndrome】

1888年にイギリスのギーS.J.Geeが,1932年にイギリスのタイセンT.E.H.Thaysenがこの疾患の臨床像を詳細に報告したためギー=タイセン病Gee‐Thaysen diseaseと呼ばれていたが,その後,50年にオランダのディッケDickeが第2次大戦中,オランダでコムギやライムギなどの穀物が不足したとき,この疾患の発生が減少したことに着目し,ムギに含まれるタンパク質グルテンがこの疾患を起こすことを明らかにしたため,グルテン惹起性腸症とも呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセリアック症候群の言及

【下痢】より

…これには,腸管の運動が亢進し腸内容の通過が早く水分が十分吸収されないために腸内水分が増加して起こるものや,腸運動が低下し腸内容が鬱滞(うつたい)し異常発酵によって腸管が刺激されて下痢を起こすものがある(蓄便性下痢)。さらに水分の吸収が十分に行われないために下痢が発生する場合があり,腸の広範切除や絨毛(じゆうもう)萎縮により水吸収障害をひき起こすもの(セリアック症候群)などでみられる。これら下痢の分類については,下痢の持続期間の違いから急性下痢と慢性下痢とに分けることができる。…

※「セリアック症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セリアック症候群の関連キーワード膵嚢胞性線維症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android