コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルカーク山脈 セルカークさんみゃくSelkirk Mountains

2件 の用語解説(セルカーク山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルカーク山脈
セルカークさんみゃく
Selkirk Mountains

カナダ,ブリティシュコロンビア州南東部にある山脈。北西側をコロンビア川が流れ,南東側にパーセル山脈が連なる。アメリカ合衆国との国境付近まで延び,全長約 320km。カリブー,モナシー,パーセルの各山脈とともにコロンビア山脈を形成。北部は最高峰サーサンフォード山 (3533m) をはじめとして,3000m級の山々が連なり,隣接する谷との標高差は 2400mにも及ぶ。氷河湖や雪渓があり,雄大な景観を呈し,一部の地域がグレーシア国立公園レベルストーク国立公園に指定されている。 1883年に発見されたロジャー峠を,カナディアンパシフィック鉄道とトランスカナダハイウェーが通り,グレーシアの北東に全長 8kmのコンノートトンネルがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルカーク山脈
せるかーくさんみゃく
Selkirk Mountains

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州南東部、ロッキー山脈の南西にある山脈。コロンビア山脈の一部を構成し、南側はアメリカ合衆国との国境に至る。延長約320キロメートル。北部では3000メートルを超えるが、南部では平均2300メートルと低くなる。最高峰はサー・サンフォード山(3533メートル)。北部にはグレーシャー、レベルストーク山の両国立公園があり、雄大な氷河や雪渓がみられる。1883年に発見されたロジャース・パスを鉄道、国道が越えている。山脈名は、スコットランドからの入植者であるセルカークThomas Douglas Selkirk(1771―1820)にちなむ。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone