セルリアンブルー

精選版 日本国語大辞典 「セルリアンブルー」の意味・読み・例文・類語

セルリアン‐ブルー

〘名〙 (cerulean blue セルリアンは caeruleus 「青の、濃青の」から) 錫酸コバルト(CoO・nSnO2)を焼成して作る緑がかった青色顔料。また、その色。空色
※花の素顔(1949)〈舟橋聖一寒紅梅遠景は、エメラルドで、段々に、セルリアン・ブルーになってくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「セルリアンブルー」の意味・読み・例文・類語

セルリアン‐ブルー(cerulean blue)

錫酸コバルトを焼成してつくる青色の顔料。また、その色。コバルトより淡く、緑を帯びた鮮やかな青色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色名がわかる辞典 「セルリアンブルー」の解説

セルリアンブルー【cerulean blue】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、硫酸コバルトなどから作られた顔料の鮮やかな濃い青をさす。もとラテン語空色を意味し、それが英語化した色名。おもに顔料や絵の具の色名に用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android