セントジョージ教会(読み)セントジョージキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

セントジョージ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【セントジョージ教会】

St. George's church》マレーシア、マレー半島北西岸、ペナン島ジョージタウンにある教会。19世紀前半に新古典主義様式で建造された。白亜の尖塔があり、円柱が並ぶ均整のとれたファサードをもつ。東南アジアに残る英国国教会の教会としては最古のものとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントジョージきょうかい【セントジョージ教会】

マレーシアのペナン島にある、東南アジアで最古のイギリス国教会。ペナン島の風景画で有名なイギリス軍の技師ロバート・スミスの設計で、囚人を動員して1818年に建設された、コロニアル様式の白亜の教会である。ペナンは、イギリス人がマレー半島で最初に入植したところで、教会の近くには、イギリス東インド会社のフランシス・ライトがペナン島に上陸したことを記念する白い天蓋がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android