コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントローレンス島 セントローレンスとうSaint Lawrence Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントローレンス島
セントローレンスとう
Saint Lawrence Island

アメリカ合衆国,アラスカ州に属する火山島。東西に細長く約 130km,南北約 10~30km。ベーリング海北部にあり,ベーリング海峡をはさんでロシアのチュクチ半島と対する。丘陵性で最高点約 600m。 18世紀初期 V.ベーリングが到達した。住民の大部分エスキモーで,おもな産業は漁業。ツンドラ気候で,一年の大部分は氷雪に閉ざされる。ロシアと最も近距離にあるため,軍事上重要な地位を占めている。おもな集落はガンベル。エスキモーの考古学的遺跡が多く,アラスカ大学により発掘調査が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントローレンス島の関連キーワードサウザンド諸島パグウォッシュいれずみ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android