コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニンコク

百科事典マイペディアの解説

センニンコク

ハゲイトウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センニンコク
せんにんこく / 仙人穀

ヒユ科の一年草であるヒモゲイトウの仲間で、果実を食用とするものの総称。仙人の食べ物という意味でセンニンコクの名があるが、英名ではグレイン・アマランサスgrain amaranthusという。おもに栽培するのはアルゼンチンのアンデス山脈周辺原産のAmaranthus caudatus L.とメキシコ南部から中央アメリカ原産のA. cruentus Willd.およびメキシコ南西部原産のA. hypochondriacus L.の三種である。原産地では紀元前4000年ころから山岳地帯で栽培された。19世紀初めにインドに伝えられ、ネパールでは重要な作物となっており、アジア各地で栽培されている。また東アフリカでも若干の栽培がある。南アメリカでは古代から種子を炒(い)ったり、また粉にしてパン状に焼いたりして食べている。ネパールでもほぼ同様の食べ方である。日本へは明治時代に伝来したらしく、小規模ながら各地で栽培されたが、現在は岩手県の一部でアカアワと称して栽培されている。
 茎は高さ1~2メートル、上部は数本に分かれ、夏から秋に、caudatusは赤や紫または緑色の紐(ひも)状の花穂をつけ、hypochondriacusは赤、紫、淡黄緑色の直立した穂をつける。種子はどの種もやや扁円(へんえん)形で長さ0.8ミリメートルときわめて小さく、主として白色であるが赤色のものもある。種子の胚乳(はいにゅう)には36%のデンプンを含み、タンパク含量は15%で、とくにリジンに富む。センニンコクを混ぜた米は冷えても味がよいとされ、岩手県地方では普通は米に混ぜて炊く。葉はひたし物や汁の実とする。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

センニンコクの関連キーワード穀物栽培文化ヒユ雑穀穀物

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android