コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーター セーター sweater

翻訳|sweater

6件 の用語解説(セーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーター
セーター
sweater

編物でつくられた洋服の上着の一種。本来は汗 (スウェット) をかかせるものの意。頭からかぶるプルオーバー型と,前開きのカーディガン型があるが,日本では一般にプルオーバー型のものをいう。材料はウールなどの天然素材の毛糸,化繊糸,組紐,織物のような形状のものまで使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セーター(sweater)

《「スエーター」とも》毛糸などで編んだ上着。特に、かぶって着る形式のもの。前あきのカーディガンも含めていうことがある。 冬》「おとろへしかほうつむきや―編む/孝作

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セーター

編物の上着の総称。本来は汗sweatをかかせるものの意で,スポーツ着として用いられたが,防寒着,おしゃれ着として広く愛用されるようになった。形の上から前あきのカーディガンと,頭からかぶるプルオーバーがあり,日本では一般に後者をセーターという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セーター【sweater】

編物の上衣の総称。英語のsweat(汗をかく)に由来する名称である。もともと19世紀の末,ボートやその他のスポーツ選手たちに,減量のため着用させたウールやジャージーの上衣をいった。のちに冬に着る防寒着として利用されはじめた。以後セーターのもつ独特の伸縮性,着やすさ,気軽さは日常着として欠かせないものとなり,冬のみでなく夏糸を用いてサマー・セーターとしても普及してきた。セーターにはプルオーバーpulloverカーディガンの2通りの形がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セーター【sweater】

毛糸などで編んだ上着。普通、頭からかぶって着るものをいう。スエーター。 [季] 冬。 《 ふりかぶり着て-の胸となる /不破博 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーター
せーたー
sweater

上半身に着る編物の衣服で、手編み機械編みもある。袖(そで)の有無や長短、身頃(みごろ)の長短はさまざまであり、形式は頭からかぶって着るプルオーバー型、前あきのカーディガン型を含むコート型、後ろあき型、巻き付け型などがある。素材は毛糸が一般的であったが、木綿、麻、絹などのほか、発達の目覚ましい合繊糸、ラメ糸、ビーズの編み込みなど多様で、今後ますます豊富になると予想される。日本では普通プルオーバー型のものをセーターとよぶ。語源は、汗をかくsweatにある。19世紀後半アメリカのアイビー・リーグ(北東部の名門大学グループ)のフットボールチームが、汗を吸収しやすい編物のユニフォームを着たことから一般化したといわれるが、厚手のスポーツシャツでプルオーバー型のものが、汗を出す目的で着られ、スウェットシャツとよばれたためともいわれる。のちに防寒着として利用され、いまはサマーセーターとしても普及している。手編みの歴史は中世以来長いが、機械編みは1589年イギリス人リーWilliam Lee(?―1610)が靴下編機を発明したのが最初である。最近は機械編みが発達し、編み方も素材も複雑で上質になったが、大量生産のため逆に手編みが高級視される傾向にある。
 種類は、形態からカーディガン、ドルマン、タートルネックなど、用途からスキー、クルー、スクール、テニスなど、原産地や柄(がら)や素材に由来した地名などからアランアイル(Vネックでプルオーバー型)、アーガイル(ダイヤモンド柄で、スコットランドのアーガイル地方)、フィッシャーマン(生成(きなり)の色でバルキーな手編み)などがある。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セーターの関連キーワード編糸毛糸梳毛糸腕袋極太極細純毛繊度レッグウオーマー子ねこと毛糸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セーターの関連情報