セーブル

デジタル大辞泉 「セーブル」の意味・読み・例文・類語

セーブル(Sèvres)

フランスパリ南西にある町。国営磁器工場がある。第一次大戦後の1920年、連合国トルコとの講和条約が結ばれた地。

セーブル(sable)

クロテン。また、その毛皮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「セーブル」の意味・読み・例文・類語

セーブル

  1. [ 1 ] ( [フランス語] Sèvres ) フランス北部、パリの南西郊にあるセーヌ河畔の町。一九二〇年、第一次世界大戦の連合国とトルコとの間で講和条約が結ばれた。高級陶磁器の名産地
  2. [ 2 ] ( [フランス語] sèvres ) 〘 名詞 〙 [ 一 ]で産する陶磁器。

セーブル

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] sable ) イタチ科の哺乳類、クロテンの英語名。また、そのクロテンの毛皮の称。光沢に富み珍重される。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「セーブル」の意味・わかりやすい解説

セーブル
Sèvres

フランス北部,オードセーヌ県の町。パリ南西郊外,セーヌ川左岸に位置する。磁器の町として有名。 1738年にルイ 15世の愛人ポンパドゥールなどの庇護下にパリ東郊のバンセンヌで始められた軟磁器窯は,56年にセーブルの現位置に移って 59年に王立,69年硬磁器の製造に成功,93年国営となった。現在,同工場内に国立磁器美術館が併設されている。人口2万 2057 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「セーブル」の意味・わかりやすい解説

セーブル

フランス,パリ近郊オー・ド・セーヌ県,セーヌ川河岸の町。著名な陶磁器の産地。セーブル磁器および付属製陶技術学校,美術館で有名。国際度量衡局本部の所在地でもある。2万1990人(1990)。

セーブル

クロテン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス 「セーブル」の解説

セーブル

アメリカフォードマーキュリーブランドで1986年から2009年まで製造、販売していた乗用車。4ドアセダン、およびステーションワゴン。フォード・トーラスの姉妹車。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報