コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーブル Sèvres

翻訳|Sèvres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーブル
Sèvres

フランス北部,オードセーヌ県の町。パリ南西郊外,セーヌ川左岸に位置する。磁器の町として有名。 1738年にルイ 15世の愛人ポンパドゥールなどの庇護下にパリ東郊のバンセンヌで始められた軟磁器窯は,56年にセーブルの現位置に移って 59年に王立,69年硬磁器の製造に成功,93年国営となった。現在,同工場内に国立磁器美術館が併設されている。人口2万 2057 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セーブル(sable)

クロテン。また、その毛皮

セーブル(Sèvres)

フランス、パリ南西にある町。国営の磁器工場がある。第一次大戦後の1920年、連合国トルコとの講和条約が結ばれた地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

セーブル

フランス,パリ近郊オー・ド・セーヌ県,セーヌ川河岸の町。著名な陶磁器の産地。セーブル磁器および付属製陶技術学校,美術館で有名。国際度量衡局本部の所在地でもある。

セーブル

クロテン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

セーブル【sable】

黒貂くろてん。また、その毛皮。

セーブル【Sèvres】

フランス、パリ西郊の小都市。陶磁器の国営工場がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セーブルの関連キーワードセーブル国立陶磁器美術館セーブル(フランス)ギリシア・トルコ戦争L.N. ブリュアンオージェニ コトンケマルアタチュルクローンアンテロープドゥーセーブル県フェリト・パシャカリエ=ベルーズベルサイユ体制キログラム原器ジョンキエールサン・レモ会議ローザンヌ条約チェルシー磁器ローザンヌ会議ワンゲ国立公園セーブル条約ブロニャール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セーブルの関連情報