ゼネラル・ストライキ(読み)ぜねらるすとらいき(英語表記)general strike

翻訳|general strike

日本大百科全書(ニッポニカ)「ゼネラル・ストライキ」の解説

ゼネラル・ストライキ
ぜねらるすとらいき
general strike

ゼネストともいう。労働争議の一形態で、産業別の枠を超えて、同じ地域あるいは全国的規模で労働者が共同して一斉に行うストライキをいう。総罷業総同盟罷業ともよばれる。通常の労働争議が同情ストの形をとって規模を拡大する経済的ゼネスト、反労働者的政権の打倒ないし政策の改変を要求する政治的ゼネスト、現存社会秩序の転覆を目ざす革命的ゼネストのようなタイプがみられる。

 19世紀の終わりから、イタリア、スペイン、ラテン諸国を中心に、無政府主義思想に基づくアナルコ・サンジカリズム直接行動主義)が広がり、ゼネストで資本主義国家を転覆させようとする戦術をとったが、いずれも弾圧された。ロシア革命(1917)では、ゼネストが武装蜂起(ほうき)に連動して革命の成功につながった。同情ストの例では、1934年のサンフランシスコのゼネスト、1926年のイギリス炭坑夫組合支援のTUC(労働組合会議)が組織したゼネストがある。政治ストの例では、フランスにおける1934年の反ファシズムのゼネストがある。第二次世界大戦後では、1968年のフランスの5月ゼネスト、イタリアの1968~1969年の年金ゼネストなどがある。日本では、1947年(昭和22)に二・一ゼネストが計画されたが、スト突入寸前、アメリカ占領軍の中止命令で未遂に終わった。その後、ゼネストに準じる政治ストとしては、1952年の破防法(破壊活動防止法)反対の労闘スト、1960年の日米安保条約改定反対スト、1975年のスト権回復ストなどがある。

[早川征一郎]

『富岡次郎著『ゼネストの研究』(1978・三一書房)』『藤本武著『ストライキの歴史と理論』(1994・新日本出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ゼネラル・ストライキ」の解説

ゼネラル・ストライキ
general strike

一産業部門,一地方または一国全体にわたり同時的,波状的に行われるストライキである。ゼネ・ストと略称される。これは単なる経済的要求をこえて労働者階級の政治的意志表示の武器として利用されるので,それ自体重大な政治問題とされる。また G.ソレル以来ゼネ・ストを革命の武器と考える党派も多い。歴史上著名なものとしては,1920年にカップ一揆を挫折させた全ドイツ労働者のゼネ・ストがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のゼネラル・ストライキの言及

【ストライキ】より

…ステイインstay‐inはこうしたシットダウン・ストを発展させたもので,シットダウン・ストが契約された就業時間内のものであるのに対し,長時日にわたって職場に籠城するストライキをいう。その他,目的の面からみると経済闘争を目的とする経済スト,政治的目的を掲げる政治スト,他産業や他企業で争議中の労働者を支援する同情ストがあり,スト参加者の範囲からは一経営内の経営スト,一産業・一地方あるいは一国に及ぶゼネラル・ストライキ(ゼネストと略称)がある。このうち経営ストは,経営内の全労働者による全部ストと特定部門の労働者が行う部分ストに区分され,部分ストにはさらに特定の労働者を指名して行う指名ストがある。…

【ゼネスト】より

…ゼネラル・ストライキgeneral strikeの略語で,〈総罷業〉または〈総同盟罷業〉と訳される。一国全体または一定地域の,多数の産業分野にわたる多数の労働者が,一致共同して経済的または政治的要求獲得のために行うストライキのこと。…

※「ゼネラル・ストライキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android