コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼパニヤ書 ゼパニヤしょ Book of Zephaniah

3件 の用語解説(ゼパニヤ書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼパニヤ書
ゼパニヤしょ
Book of Zephaniah

旧約聖書 12小預言書の一書。3章から成る。表題にはユダの王アモンの子ヨシヤの治世 (前 640~609) にゼパニヤにのぞんだ主の言葉とあり,「主を求めずたずねない者を絶とう」として,ユダの民の偶像崇拝,天体礼拝,ミルコム神崇拝を攻撃 (1章) ,またペリシテ人やモアブ,アンモンの民,エチオピア人らを呪い (2章) ,最後に,いまや暴虐と退廃の町となったエルサレムの祭司や預言者たちの罪をあばき,あらためて人々の心をみずからへと回心させることを告げている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゼパニヤしょ【ゼパニヤ書 Book of Zephaniah】

旧約聖書の〈12小預言者〉に属する預言書。ゼパニヤはヒゼキヤの4代目の子孫であり,ヨシヤ王の時代に活動したとされている。彼の預言の中で有名なのは〈怒りの日〉としての〈主の日〉の預言である。ゼパニヤはヨシヤ王の宗教改革(前622)に先立つ時期に,エレミヤやハバククと同様,スクテヤ人(スキタイ人)による攻撃を神の審判として語り,アッシリアの滅亡を預言し,悔い改めによるユダの救いを約束した。【木田 献一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼパニヤ書
ぜぱにやしょ
ephanyhヘブライ語
Zephaniaラテン語
Zephaniah英語

旧約聖書』中の十二小預言書の一つで、3章からなる短いもの。ユダ王国中興の王ヨシヤの宗教改革(前622)に先だつ時期に、ユダ王国がアッシリア帝国の影響下で極端に異教化したのに対し、偶像、ミルコム礼拝などの宗教的堕落を批判した預言者ゼパニヤの書。神の世界審判の時としての恐るべき「主(しゅ)の日」の到来が全体を貫くテーマで、神の怒りが迫っていることを告げ、悔い改めを求めている。紀元前630年ごろに地中海沿いのパレスチナ一帯を席巻(せっけん)したスクテア人(スキタイ人)の来襲に、神の審判を感じ取ったのであろうといわれている。審判はユダのみならず、周辺諸国(ペリシテ、モアブ、アンモン、エチオピア、アッシリア)をも含むとする普遍的な立場が示されている。[清重尚弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼパニヤ書の関連キーワードオバデヤ書ナホム書ハバクク書マラキ書ヨエル書預言書アモス書《旧約聖書の天文学》12小預言書小預言書

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone