ゼロニモ・デ・ゼズス(英語表記)Jeronimo de Jesus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロニモ・デ・ゼズス
Jeronimo de Jesus

[生]?. ポルトガル,リスボン
[没]1602. 京都
ポルトガルのフランシスコ会士(→フランシスコ修道会)。文禄3(1594)年フィリピンからルソン総督の贈り物を携えて訪日。二十六聖人殉教する少し前に国外追放されたが,慶長3(1598)年再び長崎に潜入,近畿地方で伝道,のち徳川家康に謁し江戸に聖堂を建設した。日本=フィリピン通商交渉の仲介者としても尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼロニモ・デ・ゼズス
ぜろにもでぜずす
Jeronimo de Jesus de Castro
(?―1601)

日本におけるキリシタン時代の宣教師。リスボン生まれのポルトガル人フランシスコ会士。マニラを経て、1594年(文禄3)平戸(ひらど)に到着、京都で日本語を修得、一時日本から追放されるが、再度来日、徳川家康(とくがわいえやす)の好意を得て、江戸に小さな聖堂を建立して、それを「ロザリオの聖母」と名づけた。家康の特使としてマニラに赴き、使命遂行後、京都伏見(ふしみ)に居住を許されるが、まもなく病没した。[大谷啓治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android