コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクズ Sambucus chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクズ
Sambucus chinensis

スイカズラ科の多年草で,山野に生える。根茎を伸ばして繁殖し,しばしば大きな群落をつくる。茎の高さ 1.5mに達し,緑褐色で太い。葉は5~7枚の小葉から成る羽状複葉で対生し,ニワトコに似ている。夏,茎の先に大型の散房花序をつけ,径3~4mmの白色の小花を密生する。葉や根を乾燥してリウマチや腫物などの薬用にする。同属のニワトコとよく似ているが,ニワトコは木本性である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソクズ
そくず
[学]Sambucus javanica Reinw. ex Bl. subsp. chinensis (Lindl.) Fukuoka

スイカズラ科の多年草。地下茎を出して殖えるため、群落をつくる。茎は太く、直立して1~1.5メートル。葉は対生し、5~7枚の小葉からなる羽状複葉をなす。茎の先に径10~15センチメートルの散形花序をつける。花序には杯(さかずき)形の腺体(せんたい)がある。花は白色で小さく径3~4ミリメートル、花冠は5裂する。雄しべの葯(やく)は内側を向く。子房は3室。果実は球形で径約4ミリメートル、赤く熟す。人里近くの原野に生え、本州から九州、および中国、タイなどに広く分布する。名は、中国名のサクダク()から転訛(てんか)したものという。またニワトコに似ていて草であることから、クサニワトコともいう。葉や根を乾燥して煎(せん)じたものをリウマチなどの薬とする。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソクズの関連キーワードクモガニ(蜘蛛蟹)イソクズガニクサニワトコスイカズラ科草接骨木火打石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android