コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクズ ソクズ Sambucus chinensis

2件 の用語解説(ソクズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクズ
ソクズ
Sambucus chinensis

スイカズラ科の多年草で,山野に生える。根茎を伸ばして繁殖し,しばしば大きな群落をつくる。茎の高さ 1.5mに達し,緑褐色で太い。葉は5~7枚の小葉から成る羽状複葉で対生し,ニワトコに似ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソクズ
そくず
[学]Sambucus javanica Reinw. ex Bl. subsp. chinensis (Lindl.) Fukuoka

スイカズラ科の多年草。地下茎を出して殖えるため、群落をつくる。茎は太く、直立して1~1.5メートル。葉は対生し、5~7枚の小葉からなる羽状複葉をなす。茎の先に径10~15センチメートル散形花序をつける。花序には杯(さかずき)形の腺体(せんたい)がある。花は白色で小さく径3~4ミリメートル、花冠は5裂する。雄しべの葯(やく)は内側を向く。子房は3室。果実は球形で径約4ミリメートル、赤く熟す。人里近くの原野に生え、本州から九州、および中国、タイなどに広く分布する。名は、中国名のサクダク()から転訛(てんか)したものという。またニワトコに似ていて草であることから、クサニワトコともいう。葉や根を乾燥して煎(せん)じたものをリウマチなどの薬とする。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソクズの関連キーワード雉蓆忍冬蒴藋大根草油薄扇蔓車花野小豆野竹羅生門蔓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone