コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソネット集 ソネットしゅうSonnets

2件 の用語解説(ソネット集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソネット集
ソネットしゅう
Sonnets

イギリスの劇作家,詩人シェークスピアの 14行詩集。 154編より成る。 1609年刊。その大部分は 1593~98年に書かれたと考えられるが,詩人,貴公子,「ダークレディー」をめぐる生々しい人間ドラマを,万物流転の様相のなかに描き出しており,内容表現ともにイギリス文学史を通じて最高のソネット集といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソネット集
そねっとしゅう
The Sonnets

イギリスの劇作家シェークスピアの詩集。一部は1599年に公刊されているが、全編が刊行されたのは1609年。154編のソネット(定型詩の代表的な詩型で14行詩ともいう)よりなる。最後の2編は全体の構成から外れており、作者についても疑問がある。詩人が敬愛する青年貴族を賛美し、早く結婚してその美質を子孫に伝えるよう勧めるのが全編の骨子であるが、そのなかに、青年貴族が詩人のライバル詩人に寵愛(ちょうあい)を移したことの嘆きや、詩人の愛する「黒婦人」を貴族が奪ったことに対する憤りや嫉妬(しっと)が含まれており、シェークスピアの自叙伝を読み取ろうとする批評家は多いが、具体的にはまったく不明である。1609年版は「唯一の生みの親……W・H」に捧(ささ)げられているが、それがだれであるかは諸説があって一致しない。創作年代についても異説が多く、シェークスピア全作品のなかでももっとも多くの謎(なぞ)に包まれた興味ある作品であるが、ソネット形式としては「イギリス形式」(4・4・4・2行)を用い、イギリス文学に現れた最高のソネット集をつくりあげている。[小津次郎]
『吉田健一訳『十四行詩』(『世界名詩集大成9 イギリス篇』所収・1959・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソネット集の関連情報