コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリューション・マイニング ソリューション・マイニング solution mining

2件 の用語解説(ソリューション・マイニングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリューション・マイニング
ソリューション・マイニング
solution mining

鉱山において採掘後の坑内残鉱あるいは低品位鉱に対し,鉱石の種類に応じた適当な浸出液を注いで有用金属成分を化学的に溶出させて回収する鉱業技術。浸出液で鉱石から有用金属を化学的に回収することをリーチング leachingといい,湿式冶金技術の一種である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソリューション・マイニング
そりゅーしょんまいにんぐ
solution mining

鉱床中に含まれる有価成分を鉱床原位置において適当な溶媒により溶出し、有価成分に富む溶液(貴液という)として地上に回収し、これらの貴液から有価成分を抽出して利用する技術。採掘作業を伴わないため、一部の準備作業を除き原則として坑内作業を必要とせず、保安・経済上きわめて有利になるばかりでなく、条件さえ整えば低品位鉱にも応用することができ、鉱物資源の有効利用に役だつ。
 アメリカ合衆国において低品位ウラン鉱床を対象に実施されているソリューション・マイニングでは、対象鉱体に向けて地表より数本ないし数十本の井戸を掘り、これらを注入井と回収井とに分け、注入井から鉱体内に圧入した溶媒が鉱体内を流動しつつ生成した貴液を回収井を通じて地表に汲(く)み上げ、処理工場に送ってウランを抽出し、イエローケーキとして市場に供給している。
 この技術は主として易溶性の鉱物からの資源の回収利用に用いられているが、溶媒に溶けやすい鉱物が鉱床を形成しているほか、都合よく鉱体内のみを流動した溶媒が貴液となり、すべて回収できるなどの鉱床条件に恵まれていなければ適用できないなど、適用にあたっての種々の制約があることに注意すべきである。[伊藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソリューション・マイニングの関連キーワード鉱柱坑内運搬坑内火災坑内排水ずり露天掘り鋪内スライム入気坑力の関係式(鉱山学)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone