コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレノドン solenodon

世界大百科事典 第2版の解説

ソレノドン【solenodon】

大型のジネズミに似た原始的な食虫類。キューバのキューバソレノドンSolenodon cubanusとハイチのハイチソレノドンS.paradoxusの2種でソレノドン科Solenodontidaeを構成する。体長28~33cm,尾長17~26cm,体重約1kg。体はがんじょうで頭部が大きく,吻(ふん)が非常に長い。四肢には5指があり,つめが長い。指だけを地につけて歩く指行性で,ジグザグに進み,決してまっすぐには走らない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソレノドン
それのどん
solenodon

哺乳(ほにゅう)綱食虫目ソレノドン科に属する動物の総称。この科Solenodontidaeの仲間は1属2種だけが現存しており、西インド諸島に限産し、マダガスカル島のテンレク類やアフリカのポタモガーレ類とともに食虫類のなかでもとくに原始的な動物である。ジャコウネズミを大形にした外形をもち、頭胴長25~30センチメートル、尾長18~22センチメートル。吻(ふん)は長く、先端は裸出し、耳介は毛の外に突出している。尾は毛がまばらで、鱗(うろこ)状。手のつめはよく発達している。わきや鼠径(そけい)に臭腺(しゅうせん)をもつ。頭骨は長く、頭頂の矢状稜(りょう)や後頭稜がよく発達するが、頬骨(きょうこつ)弓は不完全である。歯式は

で合計40本。熱帯雨林にすみ、地上性で、日中は各種の穴や岩の割れ目に潜み、夜活動する。昆虫類のほか、各種の小動物を食べる。繁殖については不明の部分が多いが1産1~3子といわれる。ハイチ島の一部にいるハイチソレノドンSolenodon paradoxusは移入されたイヌ、ネコ、マングースなどのため絶滅に瀕(ひん)しており、キューバのキューバソレノドンS. cubanaも同様に減少している。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソレノドンの言及

【食虫類】より

…昆虫,ミミズなどの無脊椎動物を主食とするが,ネズミなどを食べるものもある。おもに夜行性で単独生活をし,ソレノドン,ブラリナトガリネズミなどは,獲物にかみついて顎下腺(がつかせん)から分泌される毒液を注入し,弱らせてとらえる。またトガリネズミは超音波を発し進路を探る。…

【絶滅生物】より


[絶滅のおそれがある動物]
 自然破壊は熱帯地方で最も著しく,近年特にそれは急速に進みつつある。たとえばハイチでは1958年に島の80%をおおっていた森林が1978年にはわずか9%に激減し,野犬の増加もあってソレノドンは危機にしている。熱帯林には多くの種の動物がすみ個体数が少ないので,森林の破壊で絶滅する恐れが多い。…

※「ソレノドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソレノドンの関連キーワードアレハンドロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android