コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロモンの詩篇 ソロモンのしへんPsalmi Salomonis; The Psalms of Solomon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロモンの詩篇
ソロモンのしへん
Psalmi Salomonis; The Psalms of Solomon

旧約聖書偽典中唯一の詩篇。 18編より成る。表現,文体からみて正典の『詩篇』を参考にしたのは明らか。前 70~40年頃,パリサイ派ユダヤ人によって書かれた。 18の詩の内容は賛歌,感謝の詩,哀歌,教訓詩に分れ,『詩篇』と相似している。ヘブライ語原文は現在のところ発見されておらず,ギリシア語訳,シリア語訳が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソロモンのしへん【ソロモンの詩篇 Psalms of Solomon】

旧約聖書偽典中の一書。前1世紀の後半に,パリサイ派あるいはそれに近い立場の著者により書かれた18の詩篇。ポンペイウスエジプトにおける死が,彼のエルサレム侵入の罰とされている。罪人(律法違犯者,偽善者)と義人(敬虔な人,聖者)の対立は,異邦人とユダヤ人の図式を超えて,ユダヤ人内部の問題とされる。他方,義人とは決して罪を犯さない人間の謂ではなく,罪に対する神の懲らしめを受け入れて耐え忍ぶ人のことであり,神は罪を犯した義人の悔い改めに対して,慈愛をもってその罪をゆるしたまうと述べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報