コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロレート sororate

3件 の用語解説(ソロレートの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ソロレート【sororate】

妻の死後、その姉妹の一人が寡夫の妻となる慣習。 → レビレート

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソロレート

死んだ妻の代わりにその姉妹が結婚する慣習。レビレートと同じく,最初の婚姻で結ばれた両親族集団の紐帯(ちゅうたい)を維持し続けようとすることにその主な目的がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ソロレート【sororate】

妻の死後,その妹が寡夫の妻となる慣習。レビレートと同じく,個人の死による空白を,その近縁の人物が身代りとなることによって埋め,婚姻の諸機能の円滑な継続をはかる。アフリカで不妊の妻の身代りに,妹が子を生み姉の子として扱う例がある。これは代理の社会的人格を認めない点で狭義のレビレートに対応するが,ソロレートというよりもむしろ姉妹一夫多妻婚に属する。同じく花嫁代償の返還義務を免れるため,子を産まずに死んだ妻の親族がその妹を身代りに差し出す例は少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソロレートの関連キーワード尼将軍寡夫義妹死後生殖入会慣習応々お鍋の方権大納言典侍局如円尼(2)如円尼(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone