コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンガイ王国 ソンガイおうこくSonghai; Songhay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンガイ王国
ソンガイおうこく
Songhai; Songhay

ブラック・アフリカで最大の版図をもった西スーダンの王国。ガーナ王国マリ帝国と同様に,長距離交易の軍事的な保護と隣接する諸国家の侵略と貢納の強要によりサハラ砂漠南縁に形成された。首都ガオ (現マリ領) の名をとってガオ王国とも呼ばれる。起源は8世紀にさかのぼるが,初期の王は呪術的な性格が強かったとされる。ガオは,14世紀にはニジェール川大湾曲部地域に覇をとなえたマリ帝国の一地方であったが,その後 300年の間,繁栄し版図を拡大した。 15世紀後半,ソンニ・アリ王 (在位 1464~92) がマリ帝国の支配をくつがえし,ソンニ・アリ王の死後,ソンニ王朝を廃してアスキア王朝を築いたアスキア・ムハンマド (在位 1493~1528) は,版図を拡大するとともに宗教と交易を保護したため,交易都市トンブクトゥは繁栄をきわめた。しかしながら,ムハンマド4世 (在位 1586~88) の時代の内乱に続いて,イスハーク2世 (在位 1588~91) の治世に,火器を装備したモロッコ軍がソンガイの騎馬隊を壊滅状態にし,トンディビ,トンブクトゥ,ガオを征服,ソンガイ王国は 1591年に滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソンガイ王国の関連キーワードモロッコ(国)ソンガイ族セネガル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android