コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンブレロ ソンブレロ sombrero

翻訳|sombrero

6件 の用語解説(ソンブレロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンブレロ
ソンブレロ
sombrero

ラテンアメリカ諸国で男女のかぶる,つば広の,頭頂が高く突き出た帽子。麦わら,木の皮などを編んだもの,フェルト製のものがある。色はいずれも麦わら,木の皮の自然色,褐色,白,黒,灰色などが多く,原色の縁飾り,房飾りがつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソンブレロ(〈スペイン〉sombrero)

スペイン・メキシコや米国南西部などで用いる帽子。麦わらまたはフェルト製で、山が高く、つばが広い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソンブレロ

南米,スペイン,メキシコなどで用いられる,クラウン(帽子の山の部分)が高く,ブリム(つば)の広い帽子。麦わら製とフェルト製とがある。
→関連項目ソンブレロ銀河

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ソンブレロ【sombrero】

スペイン語でつば付きの帽子のことだが,特に中南米の農民や牧夫の帽子を指す場合が多い。形状は多様で,植物繊維のもの,布製や革製のものがある。中央アメリカではときどきつば付きの帽子が,アンデス地方ではつばの無い帽子が先スペイン期の遺物に表現されており,中南米にあった帽子をかぶる習慣とスペイン人が伝えたヨーロッパ起源のつば付き帽子が結びつき,現在みられる多彩なソンブレロができ上がったものであろう。【大井 邦明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソンブレロ【sombrero】

スペインやメキシコなどで用いられる、山が高くつばの広い帽子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンブレロ
そんぶれろ
sombreroスペイン語

中南米のメキシコやペルーなどでかぶられる、ブリム(つば)が広くてクラウンが高く、先端で細くなっている帽子。フェルト製や麦藁(むぎわら)製がある。ソンブレロは、日陰を意味するスペイン語を語源としている。黒と白の地に装飾が華やかで、ブリムは、大きさも反り返りぐあいもいろいろであるが、生活程度により素材の異なったものをかぶることもある。南米のカウボーイであるガウチョや、メキシコのチャロchalloなどがかぶっているのは、典型的民族衣装の一種といえる。北米のカウボーイハットはテンガロンハットとよばれ、ソンブレロの影響を受けたものである。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソンブレロの関連キーワードスパニッシュ鍔広組曲「スペイン」スペインの歌スペイン岬の謎スペイン岬の裸死事件テレビ テレビでスペイン語ラジオ まいにちスペイン語スペイン国立バレエ団スペインのことわざ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソンブレロの関連情報