コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンブレロ sombrero

翻訳|sombrero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンブレロ
sombrero

ラテンアメリカ諸国で男女のかぶる,つば広の,頭頂が高く突き出た帽子。麦わら,木の皮などを編んだもの,フェルト製のものがある。色はいずれも麦わら,木の皮の自然色,褐色,白,黒,灰色などが多く,原色の縁飾り,房飾りがつく。本来,天蓋,キノコの傘,つばの広い帽子全体をさすスペイン語であるが,16世紀,スペインがラテンアメリカ諸国を支配していた当時,この地方独特の帽子を特にソンブレロというようになり,以後普遍化した。地域により型,名称ともにいろいろあり,なかでもメキシコのチャロ charro,アルゼンチンのガウチョ gaucho,チリのウアソス huasosなどが代表的。北アメリカ西部のカウボーイハット (テンガロンハット tengallon hatともいう) は,この型を引継いだものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソンブレロ(〈スペイン〉sombrero)

スペイン・メキシコや米国南西部などで用いる帽子。麦わらまたはフェルト製で、山が高く、つばが広い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソンブレロ

南米,スペイン,メキシコなどで用いられる,クラウン(帽子の山の部分)が高く,ブリム(つば)の広い帽子。麦わら製とフェルト製とがある。
→関連項目ソンブレロ銀河

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソンブレロ【sombrero】

スペイン語でつば付きの帽子のことだが,特に中南米の農民や牧夫の帽子を指す場合が多い。形状は多様で,植物繊維のもの,布製や革製のものがある。中央アメリカではときどきつば付きの帽子が,アンデス地方ではつばの無い帽子が先スペイン期の遺物に表現されており,中南米にあった帽子をかぶる習慣とスペイン人が伝えたヨーロッパ起源のつば付き帽子が結びつき,現在みられる多彩なソンブレロができ上がったものであろう。【大井 邦明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ソンブレロ【sombrero】

スペインやメキシコなどで用いられる、山が高くつばの広い帽子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンブレロ
そんぶれろ
sombreroスペイン語

中南米のメキシコやペルーなどでかぶられる、ブリム(つば)が広くてクラウンが高く、先端で細くなっている帽子。フェルト製や麦藁(むぎわら)製がある。ソンブレロは、日陰を意味するスペイン語を語源としている。黒と白の地に装飾が華やかで、ブリムは、大きさも反り返りぐあいもいろいろであるが、生活程度により素材の異なったものをかぶることもある。南米のカウボーイであるガウチョや、メキシコのチャロchalloなどがかぶっているのは、典型的民族衣装の一種といえる。北米のカウボーイハットはテンガロンハットとよばれ、ソンブレロの影響を受けたものである。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソンブレロの関連キーワードおとめ(乙女)座帽子(ぼうし)ブローティガンティフアナアンギラ島おとめ座銀河

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソンブレロの関連情報