コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーク ソークSalk, Jonas Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーク
Salk, Jonas Edward

[生]1914.10.28. ニューヨーク
[没]1995.6.23. ラホヤ
アメリカのウイルス学者。ニューヨーク市立大学卒業後,1946年ミシガン大学の伝染病学助教授となり,インフルエンザ病原体を研究してワクチンをつくった。 47年ピッツバーグ大学ウイルス研究所所長兼細菌学助教授,49~63年同大学教授,63年からソーク生物学研究所所長。 54年にポリオ (小児麻痺) の予防のためのソークワクチンの開発に成功,61年に経口生ワクチンが登場するまでよく用いられた。晩年エイズのワクチン研究に力を注いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソーク【Jonas Edward Salk】

1914‐95
アメリカの細菌学,ウイルス学者。ニューヨーク大学卒業後,ニューヨーク大学,マウント=シナイ病院で研究,1947年にピッツバーグ大学教授となる。その後62年にサンディエゴにソーク生物学研究所を開設し,所長に就任した。1953年,ポリオに感染したサルの腎臓細胞の組織培養液をホルマリンで処理した,ポリオホルマリン不活性化ワクチン(これをソークワクチンという)を開発した。ソークワクチンは80~90%の予防効果を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソーク【Jonas Edward Salk】

1914~1995) アメリカのウイルス学者。不活性化されたウイルスを使って小児麻痺(ポリオ)予防のためにソーク-ワクチンを開発。晩年はエイズ-ワクチンの研究にも力を注いだ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーク
そーく
Jonas Edward Salk
(1914―1995)

アメリカの細菌学者、ウイルス学者。ニューヨークに生まれ、ニューヨーク大学に学び、1939年学位を取得。1947年ピッツバーグ大学教授。1962年にサン・ディエゴのソーク生物学研究所所長。予防医学の研究を行い、1953年、ポリオウイルスをホルマリンで殺したワクチンを注射するとポリオの予防効果があることを発見、ソークワクチンといわれる不活化ワクチンを開発した。1955年このワクチンはアメリカで実用化され、1961年(昭和36)2月には日本でも国産ソークワクチンが検定合格し、量産体制が整えられ、当時、日本で大流行していたポリオへの対策として期待された。しかし、より優れたセービンの経口生ポリオワクチンが緊急輸入、投与されたため、ソークワクチンは短命に終わった。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のソークの言及

【ポリオ】より

…ポリオウイルスによる感染症で,下肢や上肢の永久的な麻痺を起こす疾患として恐れられた。しかし1954年にJ.E.ソークによって不活性ワクチンが,58年にA.B.セービンによって弱毒ワクチンが開発され,ポリオは著しく減少した。古くから知られた病気で,紀元前にすでに記録されており,古代エジプトの遺跡にもみられる。…

※「ソーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソークの関連キーワードギルマン(Roger Charles Louis Guillemin)カーン(Louis Isadore Kahn)ボルティモア(David Baltimore)ドナルド・ロバート・ペリー マーキス西部開拓史/活躍した「英雄」たちジョナス・エドワード ソークフランソワーズ ジローJ. ブロノフスキーシドニー ブレンナーブラック・ホーク戦争ルイス・I. カーンシンクレア ルイスジョン サルストンD. ボルティモアフレッド ゲージロバート ホリーR. ダルベッコセントクラウドハートウェル10月28日

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソークの関連情報