コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連邦最高会議 ソれんぽうさいこうかいぎVerkhovnyi Sovet SSSR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連邦最高会議
ソれんぽうさいこうかいぎ
Verkhovnyi Sovet SSSR

ソ連の国家権力の最高機関で,唯一の立法機関。 1917年の二月革命後各地に組織された労働者,兵士,農民の「ソビエト」を前身とする。連邦会議と民族会議の二院制。5年ごとに代議員が選出される。選挙権は 18歳,被選挙権は 23歳からで,立候補は推薦による。代議員は約 1500名。通常年2回招集され,また最高会議幹部会によって随時招集される。普通の立法のほか,最高会議幹部会員,閣僚,連邦最高裁判所判事,検事総長を選任する権限をもつ。選挙で改選された場合,選挙後3ヵ月以内に招集される。会期は憲法上規定されていないが通常は数日間。最高機関とされるが,事実上は共産党の完全な支配下にあった。 88年 12月に憲法が改正され,最高会議も大幅に改革された。人民代議員大会を新設,その 2250人の代議員のなかから 542人の最高会議議員を選出する。最高会議の定例会期は1年に2回招集され,各会期は3~4ヵ月。また最高会議議長の職が新設され,国家元首に相当するとされた。従来完全に形骸化していた最高会議は 89年以後実質的な立法機関として重要な役割を果すようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソ連邦最高会議の関連キーワードウラジーミル・イリイチ ステパコーフウラジーミル セミチャーストヌイヌルスルタン ナザルバーイェフイェフゲーニイ イワノフスキーヴィターリイ フェドルチュクイェフゲーニイ ヴェーリホフピョートル ストラウトマニスヴァシーリー トールスチコフアレクサーンドル ヤコブレフアレクサーンドル ゴールキンセミョーン ババエフスキーアヴェルキイ アーリストフドミートリイ ゴリュノーフヤドガル ナスリディーノワモテユス シュマーウスカスデミヤン コロトチェンコヴィクトル マケーイェフコンスタンチン プィシンレオニード イリイチョフヴィターリイ フォーキン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android