コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウクラゲ ゾウクラゲCarinaria cristata; glass nautilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾウクラゲ
Carinaria cristata; glass nautilus

軟体動物門腹足綱ゾウクラゲ科。クラゲという名がついているが,刺胞動物ではなく,浮遊性の巻貝(→巻貝類)の仲間である。体長 20~50cm。体は半透明白色で,後端へしだいに細くなる。頭の前端に口があり,口内の歯舌は透けて見える。また一対の触角と眼があるが,右側のものは小さい。体の中央背側には内臓嚢があり,薄く半透明の烏帽子状の殻がこれを覆う。腹側にはうちわ状の足があり,これを上にしてやや斜め上向きの格好で泳ぐ。足の後方には吸盤がついている。太平洋インド洋暖流域に浮遊生活をしており,サルパウミタルを好んで捕食する。近縁のヒメゾウクラゲ C. japonica はほぼ三角形の殻をもち,北太平洋の冷水域にすむ。ハダカゾウクラゲ Pterotrachea coronata はゾウの鼻のような細長いをもち,殻は退化している。(→軟体動物腹足類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾウクラゲ
ぞうくらげ / 象水母
glass nautilus
[学]Carinaria cristata

軟体動物門腹足綱ゾウクラゲ科の巻き貝。クラゲの名がついているが、腔腸(こうちょう)動物ではなく、体が透明な寒天質で海中を泳ぐためにこの名がある。世界の暖水域表層に広く分布する。殻は小さい烏帽子(えぼし)状で薄く、ほぼ体の中央背側にあって、ここに内臓が収まっているが、体全体を殻の中に引っ込めることはできない。体は細長く最長60センチメートルに達し、前端には歯舌をもった口が開き、その背側に1対の目と触角がある。体の中央腹側には、1枚の団扇(うちわ)状に変形した足があり、これを上にして泳ぐ。この足の後縁には吸盤がある。尾部はしだいに細くなり、背部に冠状のひれがある。
 日本近海にはこのほか、ラマルクゾウクラゲC. lamarcki、ヒメゾウクラゲC. japonicaおよびカブトゾウクラゲC. galeaの3種を産する。いずれも黒潮系水域などの暖流域に分布し、海表面を遊泳している。鋭い歯舌で小形の甲殻類を食べ、自身は魚類やアカウミガメの餌(えさ)になっていることがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone