コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイグエン タイグエンThai Nguyen

3件 の用語解説(タイグエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイグエン
タイグエン
Thai Nguyen

ベトナム北部,バクタイ省の省都。首都ハノイの北約 65km,バクボ (トンキン) 湾に注ぐカウ川の右岸に位置する。周辺には鉄鉱床があり,市にベトナム最初の鉄鋼コンビナートが立地する。カウ川はハイフォン港から汽船が遡航でき,ハノイとは鉄道,道路で結ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイグエン【Thai Nguyen】

ベトナム北部の都市。人口12万8000(1992)。ハノイの北75km,トンキン平野と北部山地の接点に位置し,ソンカウ川に沿う。付近はフランス植民地時代から豊富な鉄鉱産地として知られてきた。第2次大戦後は中国の援助によりベトナム最大の鉄鋼コンビナートが建設された。ベトナム戦争中は米軍の爆撃で大きな被害を受けたが,戦後はソ連の援助もあり急速に復興,ベトナム再建のための重工業の最大の中心である。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイグエン
たいぐえん
Thainguyen

ベトナム北部、タイグエン省の省都。首都ハノイの北75キロメートルソンコイ川支流のカウ川右岸に位置する。国道3号線が通じる。人口13万2200(2003推計)。植民地時代からリンニャム鉄山やファンメ炭鉱が開発されていたが、1963年中国の援助を受けてベトナム最大の鉄鋼コンビナートが建設された。ベトナム戦争中はアメリカ軍の爆撃を受けたが、戦後は急速に復興している。郊外には火力発電所、機械、製紙などの工場もある。周辺はタイ人が多く居住する。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイグエンの関連情報