タイム・マシン

デジタル大辞泉プラスの解説

タイム・マシン

2002年製作のアメリカ映画。原題《The Time Machine》。H・G・ウェルズの同名SF小説の映画化。監督:サイモン・ウェルズ、出演:ガイ・ピアース、ジェレミー・アイアンズ、オーランド・ジョーンズほか。

タイム・マシン/80万年後の世界へ

1960年製作のアメリカ映画。原題《The Time Machine》。H・G・ウェルズの同名SF小説の映画化。監督:ジョージ・パル、出演:ロッド・テーラー、イベット・ミミュー、アラン・ヤングほか。第33回米国アカデミー賞特殊効果賞受賞。

タイム・マシン

英国の作家H・G・ウェルズのSF小説(1895)。原題《The Time Machine》。時間旅行を可能にする“タイムマシン”を完成させたタイム・トラベラーは80万年後の地球に赴くが…。時間SFの古典。1960年、ジョージ・パル監督で映画化。2002年、サイモン・ウェルズ監督で映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイム・マシン
たいむましん
The Time Machine

イギリスの作家ウェルズの科学小説。1895年刊。タイム・マシン(航時機)は過去・未来へと自由に航行でき、航行者は80万2701年の世界に到着する。そこでは人類は美しく華奢(きゃしゃ)なエロイ人と、地下で機械を操作している小人のモーロックス人とに二分されている。航行者はモーロックス人にマシンを盗まれ、エロイ人の娘ウイニーとともに彼らと戦うが女は死んでしまう。彼だけがマシンを取り戻し、現代に帰ってくるが、ふたたび未来へと出航して戻らない。科学小説の古典。[鈴木建三]
『『タイム・マシン』(宇野利泰訳・ハヤカワ文庫SF/石川年訳・角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android