コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイーロフ タイーロフ Tairov, Aleksandr Yakovlevich

3件 の用語解説(タイーロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイーロフ
タイーロフ
Tairov, Aleksandr Yakovlevich

[生]1885.6.24. ロブノ
[没]1950.9.25. モスクワ
ソ連の演出家。モスクワ芸術座と K.スタニスラフスキーリアリズムにあきたらず,1914年女優である妻 A.コーネンとともにカーメルヌイ劇場を設立。音楽,踊り,パントマイムアクロバットなどを取入れて,観客の情感に訴える新しい演出を試みた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タイーロフ【Aleksandr Yakovlevich Tairov】

1885‐1950
ソ連邦の演出家。俳優出身。1914年に妻で女優のコーネンAlisa G.Koonen(1889‐1974)らとともにモスクワ・カーメルヌイ劇場を創立。自然主義演劇額縁舞台を拒み,音楽,美術,舞踊を駆使する総合芸術を目指して神秘劇からオペレッタまで広く上演した。代表作に《フェードル》(1922),《三文オペラ》(1930。ソ連でのブレヒト初演),《楽天的悲劇》(1933),《かもめ》(1944)その他がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイーロフ
たいーろふ
Александр Яковлевич Таиров Aleksandr Yakovlevich Tairov
(1885―1950)

ロシアの演出家。1905年からキエフ、サンクト・ペテルブルグ、リガなどの舞台に立つ。やがてガイデブーロフの移動劇団に加わり、『ハムレット』『ワーニャ伯父さん』などを演出、14年にモスクワにカーメルヌイ劇場を創設した。「総合演劇」を目ざして、写実的演技を排し、歌、バレエサーカスの要素を取り入れ、構成主義舞台を用いて形式美と情緒の調和をねらった異色の舞台を創造した。『フェードル』『三文オペラ』『楽天的悲劇』『ボバリー夫人』などの演出がある。スターリン時代に形式主義の烙印(らくいん)を押され不遇のうちに没した。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイーロフの関連キーワードアキーモフオフロープコフソ連プルーチェクポポフソ連邦エーフロスザワツキーディバインラベンスキフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone