総合芸術(読み)そうごうげいじゅつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「総合芸術」の解説

総合芸術
そうごうげいじゅつ

音楽、演劇舞踊などの芸術の諸ジャンル間の区別を撤廃し、それらの統合を目ざそうとする傾向の芸術。ワーグナーが自ら総合芸術Gesamtkunstwerkとよんだ彼の楽劇はその典型例であるが、諸芸術がまだ分化する以前の古代ギリシアの芸術を範とした芸術上の試みは、ルネサンス以来ほかにもみられる。また、近代のパフォーマンスなどのミックスト・メディアmixedmediaによる芸術も、総合芸術の一種とみることができる。

[渡辺 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「総合芸術」の解説

総合芸術
そうごうげいじゅつ
composite arts

音楽,絵画,建築,舞踊など複数の分野の芸術の混交によって創造される一つの統一的な芸術。たとえば演劇,オペラなど。ドイツ語の Gesamtkunstはドイツの作曲家,R.ワーグナーが提唱した言葉で,言語芸術と音楽芸術との総合としての楽劇 Musikdramaをいう。特に現代では映画が総合芸術といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「総合芸術」の解説

そうごう‐げいじゅつ ソウガフ‥【総合芸術】

〘名〙 建築・音楽・文学・絵画・彫刻など分野を異にした諸芸術の要素が、協調・調和した形式で表出される芸術。ワグナーの楽劇、バウハウスの建築中心の造形芸術、また、演劇、映画、テレビなどが含まれる。〔新しき用語の(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「総合芸術」の解説

そうごう‐げいじゅつ〔ソウガフ‐〕【総合芸術】

各種の芸術の要素が協調・調和した形式で表出される芸術。楽劇映画など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android