コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全体演劇 ぜんたいえんげきtotal theatre; théâtre total

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体演劇
ぜんたいえんげき
total theatre; théâtre total

戯曲中心の演劇ではなく,演劇は,音楽,照明,声,動き,音響,装置,衣装そのほか各種の芸術的要素を総合統一することによって実現されるという理論。 R.ワーグナーに始り,イタリアの未来派演劇などを経て,現代のアメリカのハプニングや,観客参加の環境演劇にも,その傾向がみられる。全体演劇では演出家の役割が中心になるので,G.クレイグ,M.ラインハルト,E.ピスカートル,V.メイエルホリド,A.タイーロフ,A.アルトー,J.-L.バローら多くの演出家が,さまざまな実験を試み,演劇の総合性を強調した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんたいえんげき【全体演劇 théâtre total[フランス]】

全体演劇とは,いわゆる心理劇のようなせりふ中心の〈部分的演劇〉に対して,演劇本来の理想の姿をまるごとの人間の生の芸術としてとらえ,そのような演劇の全体性を,具体的には台本,装置,舞踊,マイム,映像,音響,運動など,およそありとあらゆる舞台の手段を完全に利用して,一つの新しい演劇独自の言語を創造することによって回復しようとする試みである。このような演劇理念は,1910年代以降に,革命期のロシア・アバンギャルド演劇,イタリアの未来派,ドイツ表現主義,バウハウスの運動,シュルレアリスム運動などの中に部分的に見られたが,未曾有の大胆さによる全体性の概念はフランスの詩人・演出家A.アルトーが説いた〈残酷演劇〉によって結実する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

全体演劇の関連キーワードバロー(Jeanプロレタリア演劇リュビーモフ日本演劇現代演劇繻子の靴演劇学バレエ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全体演劇の関連情報