コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカジアスターゼ Taka-Diastase

栄養・生化学辞典の解説

タカジアスターゼ

 コムギのふすまで[Aspergillus oryzae]を培養し,それを水で抽出し,アルコールで沈殿させて得られる酵素標品で,主成分はアミラーゼであるが,プロテアーゼ,リパーゼなども含む.消化剤として利用されている.高峰譲吉が考案.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タカジアスターゼ

薬に含まれる成分のひとつ。消化作用があり健胃薬などに含有

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

タカジアスターゼ【Taka-diastase】

高峰譲吉の創製したデンプン消化酵素剤の商標名。 → ジアスターゼ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のタカジアスターゼの言及

【核酸分解酵素】より

… リボヌクレアーゼの中でよく研究されているものの一つにリボヌクレアーゼT1がある。この酵素は1959年に江上不二夫らによりタカジアスターゼから精製されたものであるが,切断の位置が非常に特異的である。すなわち,4種の塩基のうちグアニンのみを認識してリン酸エステル結合を加水分解する。…

※「タカジアスターゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タカジアスターゼの関連キーワード高峰譲吉(1854~1922)日本科学史(年表)リボヌクレアーゼ江上 不二夫ジアスターゼ日本科学史上中 啓三消化酵素剤江上不二夫塩原 又策高峰 譲吉塩原又策消化薬こうじ三共

タカジアスターゼの関連情報