コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスマニア人 タスマニアじん

世界大百科事典 第2版の解説

タスマニアじん【タスマニア人】

オーストラリアのタスマニア島の先住民。人類文化の最古の姿を19世紀まで残していたとされるが,一体としてまとまった人骨は5体しか残されておらず,信頼しうる記録はないに等しい。起源については,アボリジニーが約1万年間大陸から隔絶していた結果変化したという説,ピグミーないしネグリトに由来するという説,ニューカレドニア島から漂着したとするメラネシア説があり,定説はない。第1の説は,オーストラリア先住民の起源に不確定な部分が多いので,論議はさらに細分化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android