タスマン海(読み)たすまんかい(英語表記)Tasman Sea

日本大百科全書(ニッポニカ)「タスマン海」の解説

タスマン海
たすまんかい
Tasman Sea

オーストラリア大陸南東部とニュージーランドとの間の海域。面積約230万平方キロメートル、最大水深5267メートル。東オーストラリア海流(暖流)が流れ、沿岸の気候に影響を与えている。「ほえる40度線」とよばれる暴風雨地帯にあたる。両国を結ぶ海底電信線が敷設(1876)されている。海域中のロード・ハウ島はサンゴ礁の南限。1642年に来航したタスマンにちなみ1890年に命名された。

[谷内 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「タスマン海」の解説

タスマン海【タスマンかい】

南西太平洋の一部で,オーストラリア南東岸とニュージーランドとの間の海域。英語でTasman Sea。北部は珊瑚(さんご)海に通じる。名はタスマンにちなむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タスマン海」の解説

タスマン海
タスマンかい
Tasman Sea

太平洋の縁海の一つで,東はニュージーランド,西はオーストラリア南東部とタスマニア島で限られ,北はサンゴ海,南はインド洋に接続する海域。東西約 2250km,水深は約 4000~5000mであるが,オーストラリアの東岸は急傾斜し,最深部は 6000mに達する。 1642年にオランダの航海探検家 A.タスマンが発見したことにちなんで名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android