コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニソバ(谷蕎麦) タニソバPersicaria nepalensis(Polygonum nepalense)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニソバ(谷蕎麦)
タニソバ
Persicaria nepalensis(Polygonum nepalense)

タデ科の一年草東アジア温帯に広く分布する。日本各地の原野山地の陰湿地に生える。茎は無毛で通常紅色を帯び,よく分枝して斜上する。卵状三角形の軟質の葉が互生する。葉柄部分にひれのような翼があるのが特徴である。初秋に,枝の先端または葉腋に頭状に集って白色小花を多数つける。花弁はなく,おしべが6~7本ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タニソバ(谷蕎麦)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android